【インターネット徹底集客 239】ニューノーマル時代を考える アビリブ・プライムコンセプト取締役 内藤英賢

  • 2020年6月18日

 ニューノーマルと呼ばれる新型コロナウイルスに対応した新しい常態を模索する動きが活発化している。宿泊業界も例外ではなく、特に旅館で苦慮しているのはお食事どころの問題ではないだろうか。お客さま同士の席の間隔を今まで以上に空けることで、当然、今まで仮に100名取れていた人数が、70名しか取れないという事態が生じている。

 現在は、まだ満室になることも少なく、さほど気にしていない施設もあるかもしれないが、今後夏休み等の需要が戻った時期に向けて、考えておかないといけない事項である。

 今まで、100名取れていた人数が70名になれば、当然売り上げが減少することになるので、対策を考えねばならない。別の場所でお食事を取っていただくことはできないか? お部屋食を復活できないか? などの議論である。そのまま売り上げ減少して構わないと思う施設はないと思うので、売り上げを保つためにはどうしたらよいかぜひ、知恵を絞って考えてほしい。

 また、なるべく人との接触を減らす行動様式が求められる中で、お部屋までのご案内をどうするか? 料理を一品ずつ出していたのをどうするか? などの課題も出てきている。単純に削除すればよいという問題でもなく、どうすればお客さま満足度を保ったまま、ニューノーマルを提示できるかという点が重要になると思われる。

 さらに踏み込んで考えれば、仮に結論として100名→70名しか提供できないとなった場合に、かつこの状況が当面続くと仮定した場合に、経営として成り立つのかという点も考えていかねばならない。

 逆に言うと、成り立たせるためには何をしなければならないかということでもある。

 飲食業でも同じ課題に突き当たっているが、やはり「単価を上げる」「コストを下げる」という2点に集約されている。このことは「言うはやすし、行うは難しの」代表例であるが、真にやるべき時が来たということであろう。

 ヒントはいろいろとあるが、まずは自施設において何ができるかを徹底的に考えてみてほしいと思う。

(アビリブ・プライムコンセプト取締役 内藤英賢)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram