【インターネット徹底集客 230】2020年のホテル旅館業界の予測 アビリブ・プライムコンセプト取締役 内藤英賢

  • 2020年1月31日

 前号では2019年の振り返りを行ったが、今号では、これからのホテル旅館業界について述べたいと思う。例年どおり多分に主観が入った内容ではあるが、ご容赦いただきたい。キーワードはいろいろあるが、「脱コモディティ」「アジアの時代」「サスティナブル」という三つを取り挙げたい。

 まずは「脱コモディティ」であるが、前号でも述べたように、供給過多&コモディティ化(商品の同質化)する宿泊施設業界において、どう差別化するかが各施設の主題となっている。その中で、昨今の新規オープン施設は明確なブランドコンセプトを持っているケースが増えている。「ミレニアル世代向け」「漫画特化」「ハラル対応」「お寺に泊まる」「e―スポーツ対応」など、今後もあらゆるターゲットに特化した宿泊施設が生まれてくると思われる。逆に言うと、明確なターゲットを持てない施設は、どのターゲットも獲得できないという時代になっていくと思われる。

 この流れは飲食業界を見渡しても、総合居酒屋が没落し、専門居酒屋がはやっていることを見ても明らかである。

 続いて「アジアの時代」であるが、これは世界の旅行人口においてアジア圏の旅行者が今後急増していくため、アジア圏の人々の取り込みが観光産業において重要事項になるということである。アジア圏では急速な経済成長と同時に、中産階級の可処分所得が増加し、レジャーに費やす機会が拡大するとされているためだ。日本は地理上、有利となるので、この機会を最大限に生かしたい。

 最後に「サスティナブル」である。最近耳にすることも増えたと思うが、端的に言えば地球環境に配慮した取り組みがなされているかということである。世界規模で展開しているホテルチェーンなどではすでに取り組みが始まっており、プラスチックゴミが出ないようなアメニティーの見直しを実施することなどが話題となった。

 中長期的には環境に配慮した取り組みをしていない旅館・ホテルが選ばれないという時代が来る可能性があるので注視していきたい。

 やや大局的な見方となったが、大きな流れの中で、自施設がどのような指針を取っていくのかは戦略上、非常に重要なので、中長期のトレンドとそれを踏まえた取り組みとして2020年に何を実施するかの検討の一助になれば幸いである。

(アビリブ・プライムコンセプト取締役 内藤英賢) 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram