【この人と60分】日本旅行業協会(JATA)広報室長 斎藤浩之さん

  • 2019年9月12日

JATA広報室長 斎藤浩之氏

 ◎…「これまでインバウンド業務に長く関わってきたが、インバウンドを伸ばすには、海外旅行、日本人の国内旅行、これら全てを盛り上げていかなければならないとJATAに来て勉強になった。持続可能な観光先進国を目指して各分野の取り組みをアピールするとともに、国内外に対して日本の旅行業界のプレゼンスを高めていきたい」と抱負を語る。

 ◎…中央大学経済学部を卒業し1988年、日本旅行に入社。法人団体旅行や企業MICEなどの営業を担当した後、国際旅行事業本部海外営業部マネージャー、地方創生推進本部VJ訪日推進室長などを歴任。今年4月からJATAに出向し現職に。

 ◎…日本旅行では、2000年を迎えるミレニアム企画でヨーロッパ旅行を2千人にプレゼント、同行者を含めると5千人を送客する企画に携わった。「準備段階も含めて1年ぐらいかかった。今の働き方改革を考えると信じられないぐらい壮絶な仕事だった。そのビッグプロジェクトをやり切ったことは自分の中で大きな自信になった」。

 ◎…大学時代は「スキー同好会に入部し、シーズン中は石打のロッジに居候しながらスキー学校で一般レッスンを担当した。石打を起点に、白馬岩岳、五竜とおみ、志賀高原などのスキー場を転々として学生スキー大会にクラブで挑戦した。3、4年の団体優勝が一番の思い出だ」。スキーは現在も趣味として続けている。12月から3月までのシーズンには隔週ぐらいの頻度で群馬県などのスキー場に1人で向かう。1964年生まれの55歳。

【板津昌義】

関連する記事

筑後川と耳納連山の眺望 第1014回よその旅館ホテル ――宿で一番のセールスポイントは何ですか。 「全ての客室から雄大な筑後川と耳納連山を眺めることと、アルカリ成分と硫…

続きを読む

真の観光立国実現に向けて 「観光」が国の成長戦略の柱として注目される中、その重要性をいち早く認識し、政治的立場で30年来活動を続けてきた二階俊博・自民党幹事長(全国旅行業…

続きを読む

創業100年、歴史ある温泉宿 第1013回よその旅館ホテル ――「静かな保養に適した温泉宿」とあります。 「湯川温泉は昔からの湯治場で、開湯が永正年間(1504~152…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube