【こだわりの宿特集】日本の宿 古窯(山形県・かみのやま温泉)

  • 2018年9月6日

館内の回廊に著名人の楽焼を展示(岡本太郎作品)

土の香する地元食材使う

 山形県かみのやま温泉の「日本の宿 古窯」(佐藤洋詩恵社長)は、みちのく東北を代表する名旅館の一つ。

 その名前は、敷地内から発掘された、今から約1300年前の奈良時代の窯跡に由来する。同館では素焼の皿に絵付けをしてもらう楽焼を宿泊客に楽しんでもらうほか、館内の回廊には各界の著名人の楽焼の作品を展示、訪れた人の目を楽しませている。約3300枚の中から約千枚を展示。石原裕次郎、美空ひばり、坂本九、岡本太郎と、昭和の歴史を彩った人々の作品はまさに古窯の歴史そのもの。人柄や思想、哲学までうかがえる1枚の楽焼と、同じ宿でくつろぐひと時に思いを馳せながら、ゆったりと過ごせる空間だ。

 施設、料理、サービスと、いずれもハイレベルにある中で、同館の料理は最高級のブランド牛、契約農家から直送される野菜など、“土の香りのする”地元の食材にこだわっている。

 牛肉は純国産の地元ブランド、米沢牛または山形牛。その中でも牛肉にこだわりがあり、「全国屈指の牛肉を、最高においしいタイミングで食べていただきたい」と、昭和62年、現会長自らが市場に出向き、最高ランクのA5級の牛を一頭買いしたことに始まる。以来、この手法は今に受け継がれ、ステーキ、蒸ししゃぶ、朴葉焼きと、全ての部位に合わせた料理献立を考案。古窯特製のごまだれで食すすき焼きは、特に賞味したい逸品だ。

 じゅんさい、だだちゃ豆、蛍いかと、その時期ならではの厳選素材20品を一つ一つ丁寧に盛り付けた「彩り20品」は、食べておいしく、眺めても楽しい自慢の懐石膳。

 また、地元の郷土食を生かし、日本の歳時記を盛り込んだ前菜も評判だ。

日本の宿 古窯は山形県上山市葉山5の20。TEL023(672)5454。http://www.koyoga.com/

館内の回廊に著名人の楽焼を展示(岡本太郎作品)

その時期ならではの厳選素材を盛り付けた「彩り20品」


関連キーワード

関連する記事

別府最大級の露天風呂 別府鉄輪温泉の「おにやまホテル」(上月敬一郎社長)は、別府最大級の露天風呂と源泉掛け流し温泉が自慢の宿だ。 大露天風呂「鬼山・玖倍里(くべり)」は…

続きを読む

暖かいくつろぎ空間に 住宅・ビル建材のYKKAPは、ホテル・旅館などの宿泊施設専用の新製品を開発しラインアップを強化する。その一つが、12月28日に発売する高断熱樹脂窓…

続きを読む

女性目線の和モダン宿 別府温泉―竹と椿のお宿―花べっぷ(中野幹子社長)は女性目線で造られた和モダンな宿だ。「ふんわり、やさしい」というキャッチコピーが示す通り、温かく家庭…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube