【いらっしゃいませ!】種子島あらきホテル(鹿児島県・種子島) 荒木政臣さん

  • 2018年4月5日

地域と共に

第947回よその旅館ホテル

 ──セールスポイントを教えてください。

 「1848年(嘉永元年)に創業し、今年で170周年を迎える、種子島で一番の老舗旅館です。種子島だけでなく鹿児島県内において最も古い宿という話も聞いています。私が男性直系で6代目となる予定です」

 「種子島の海の玄関口である西之表港から1番近い宿でもあります。徒歩で5分です」

 ──すぐ隣に温泉施設「種子島温泉 赤尾木の湯」を2016年3月に開業しました。

 「種子島で唯一の源泉掛け流し温泉を持っています。宿泊や日帰り入浴のお客さまだけでなく、地域の人々も触れ合える場を目指しました」

 「2階には低料金のカプセルホテルを設けました。旅館の宿泊と競合してしまうかもしれませんが、外国人バックパッカーを含め、低価格帯のお客さまを島に呼び込むためには必要だと考えました」

 ──料理の特徴は。

 「種子島は黒潮の恩恵を受け、昔から漁業が盛んな島でした。ホテル前の市場へ水揚げされた新鮮な海の幸を中心に提供しています。また、種子島の特産物である『安納芋』も大変好評です」

 ──営業の方針は何ですか。

 「『地域と共に』です。島のため、町のために何事も取り組んでおります。港に近いので島の観光案内所としての役割も担って、島全体の観光を盛り上げていきます」

 ──経営の課題は。

 「離島の種子島は人口減少と高齢化が加速しています。島民による婚礼、宴会などの需要が減ってきたので、その利用を増やしたいです。その一方、島外の人を島に呼び込み、交流人口の拡大にも努めていきます」

 【36室。平日1泊2食付き9100円から(税別)】

http://araki-hotel.co.jp/

関連する記事

瀬戸内一望「花れの館」 第968回よその旅館ホテル ――セールスポイントは。 「『さぬき百景』に選ばれた景勝地で、高松の隠れ家的な一軒宿です。源平合戦で有名な屋島から車…

続きを読む

旅の多様化で需要が拡大地方都市で食など体験を 韓国観光公社(KTO)の申相龍(シン・サンヨン)東京支社長に、日韓交流の現状や今回のツーリズムEXPOでの見どころなどにつ…

続きを読む

場所がよく、湯めめぐりも 第965回よその旅館ホテル ――場所がいい。 「蔵王温泉の中心街、高湯通りにあり、バスターミナルやスキー場まで5分ほどで行けます。旅館から歩い…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

温泉エッセイスト 山崎まゆみさんが来社!