【いらっしゃいませ!】滝見屋(山形県・大平温泉)安倍里美さん

  • 2018年11月6日

最上川源流の滝を望む

第976回よその旅館ホテル

 ――名前の由来は。

 「最上川の源流の滝『火焔の滝』の袂(たもと)にあることから名付けられました。山形の吾妻山麓に位置する宿は、今年で創業109年になります」

 ――お風呂は

 「豊富な湯量があり、外湯、内湯とあふれんばかりの湯を使用しています。お風呂は、自然を楽しめる四つの露天風呂と滝を眺望できる内風呂で楽しめます。泉質は、カルシウム硫酸塩温泉で、色は無色透明。湯は柔らかく化粧水に入っているかのようで、女性のリピーターも多いです」

 ――食事は。

 「今の季節は、里で育てた芋煮鍋を提供しております。山菜などを中心とした季節の野菜、米沢牛のステーキなども提供しております」

 ――冬季は休業とか。

 「今年は5月1日から11月3日までの営業です。宿まで駐車場から約20分トレッキングをして訪れる宿であり、冬は雪深く、休業しております」

 ――客層は。

 「歩いて訪れる宿ということもあり、40~50代の元気なお客さまが中心です」

 ――海外客は。

 「シンガポールや台湾などアジアからのお客さまが増えております。1回訪れた方から紹介されて来たという方も多いです」

 ――予約方法は。

 「インターネットが8割、電話が2割です」

 ――経営の課題は。

 「国立公園の中で営業しておりますが、年々気候の変化を感じます。変化への対応、工夫が必要です。また、将来に向け、一緒に宿を作ってくれる人を育てることも課題です」

 ――今後は。

 「国内外の方々に、地元のローカルな部分や、秘湯を守る会の宿として秘湯の魅力を発信していきたいです」

【14室、定員50人。1泊2食1万1850円(税別)から】

滝見屋公式サイト

関連する記事

一部客室リニューアル 第975回よその旅館ホテル ――一部の客室を8月にリニューアルオープンされましたね。 「客室数は21室で、このうちペットの室内犬と過ごせる専用客室…

続きを読む

持続可能な地域づくりをAIなど技術導入も検討 ――長野県阿智村といえば「日本一の星空」だが、星空観光を始めた背景は。 「私は、元々『ナイトツアー会場ヘブンスそのはら』…

続きを読む

紅葉の蔵王山を一望 第974回よその旅館ホテル ――今の時期の蔵王温泉の魅力は。 「紅葉が非常にきれいです。特に蔵王ロープウェイや山岳道路『蔵王エコーライン』から見る景色…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube