【いらっしゃいませ!】清津館(新潟県十日町市・清津峡湯元温泉)桑原清さん

  • 2019年3月12日

露天風呂から清津峡一望

第991回よその旅館ホテル

 ――清津峡の景色が評判ですね。

 「清津峡は、黒部峡谷、大杉谷とともに日本三大渓谷の一つに数えられています。雄大な柱状節理の岩肌と清流『清津川』など大自然の組み合わせが人の心を捉えます。宿は明治時代に創業。風呂から渓谷美を望めます」

 ――お風呂は。

 「お湯は、天然掛け流し100%の薬湯です。アルカリ性の硫黄泉は肌をツルツルにし、美肌の湯として女性に好評です。露天風呂は清津峡の渓流沿いに面し、浸かりながら新緑、紅葉に見とれる方が多くいらっしゃいます」

 ――食事は。

 「これからの春の季節は、山菜が旬となります。フキノトウから始まり、ウドやカゴミ、アケビなどが採れます。摘んだ山菜はゆがいたりしてお出ししています。ほか、魚沼産コシヒカリやイワナ、ヤマメといった川魚など、地元で採れるものを創作料理として提供しております」

 ――他に売りは。

 「ふるさとに帰ったようなアットホームさがあります」

 ――客層は。

 「薬師の湯を目当てに、中高年の温泉巡りの方が多いです」

 ――外国人は。

 「最近は、雪景色を楽しみにアジア系の方が増えております。宿については、ネットの口コミを見て来たという方が多いです」

 ――課題、問題点は。

 「老朽化した建物の修繕は課題です。全て変えるのではなく、建物の良さを生かしながら少しずつ直していきたいです」

 ――将来は。

 「こじんまりした中に、こじゃれた雰囲気がある宿を目指しています。また、お客さまが注目している山菜料理もより良いものにしていきたいです」

 【10室、1泊2食1万2千円(税別)から】

日本三大渓谷の地!清津峡湯元温泉「清津館」

 

関連する記事

大正時代の古民家を改装 第1011回よその旅館ホテル ――開業は。 「大正時代に建てられた古民家をリノベーションし、昨年の10月に開業しました。定期的にお客さまに使って…

続きを読む

◎…4月1日付で現職就任。前職は東日本営業本部メディア営業二部部長。「広報セクションは初めて」と戸惑いもあるが、「西(関西)はともかく、東(東京以北)での当社の認知度は十…

続きを読む

地域の酪農家を応援 第1010回よその旅館ホテル ――タンチョウ(ツル)や酪農で知られる鶴居村ですね。 「私は阿寒(釧路市)の出身で、大阪で料理などを学んだ後にこちらに…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube