【いらっしゃいませ!】槍見の湯 槍見舘(岐阜県・新穂高温泉)林勇貴さん

  • 2019年2月6日

槍ヶ岳を望む秘湯の一軒宿

第986回よその旅館ホテル

 ――名前の由来は。

「初代が川辺に湧く温泉を発見し、蒲田川の清流を背に北アルプスの槍ヶ岳を仰ぎ見る場所に宿を開業しました。100年近くの歴史を刻み、私で4代目となります」

 ――お風呂は。

「掛け流しの湯に漬かる露天風呂が好評です。川沿いの露天風呂は混浴、貸し切り、女性専用、足湯があり、雄大な槍ヶ岳を望み、せせらぎをBGMに湯浴みを楽しめます」

 ――食事は。

「地元の契約農家で作る野菜など地産地消を行い、主に奥飛騨の郷土料理を提供しています。現在は、郷土料理であるこも豆腐やすき焼き、飛騨牛などを出しています」

 ――その他には。

「古民家調の秘湯の一軒宿に昔からあるいろりや民芸調の部屋、はりのある天井などがご覧になれます」

 ――地域の魅力は。

「全国でも一番露天風呂が多い地域です。地域で泉質が異なり、多様な湯が楽しめます。登山客も多く、客同士などふれあいの場所にもなっています」

 ――客層は。

「50~60代を中心にほとんどがリピーターです。最近は山を登る若者も増えています」

 ――外国人は。

「香港、台湾の人が多く、数年で10倍ぐらい増えています。口コミなど評判を聞いて訪れる人が多いです」

 ――予約方法は。

「8割以上が電話で、あとはネットです」

 ――課題、問題点は。

「奥飛騨全体に共通しますが、人手不足が深刻です。最近は、外国人の雇用も始め、4月からはネパールの人を正社員雇用します」

 ――将来は。

「先代が残してくれたものを守り、現代の利便性に影響されない今を残していきます」

【15室、1泊2食1万8510円(税込み)から】

奥飛騨温泉郷 新穂高温泉 槍見の湯 「槍見舘」公式サイト

 

関連する記事

大正時代の古民家を改装 第1011回よその旅館ホテル ――開業は。 「大正時代に建てられた古民家をリノベーションし、昨年の10月に開業しました。定期的にお客さまに使って…

続きを読む

◎…4月1日付で現職就任。前職は東日本営業本部メディア営業二部部長。「広報セクションは初めて」と戸惑いもあるが、「西(関西)はともかく、東(東京以北)での当社の認知度は十…

続きを読む

地域の酪農家を応援 第1010回よその旅館ホテル ――タンチョウ(ツル)や酪農で知られる鶴居村ですね。 「私は阿寒(釧路市)の出身で、大阪で料理などを学んだ後にこちらに…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube