【いらっしゃいませ!】桝源旅館(奈良県・洞川温泉)鵜飼弥世さん

  • 2017年10月11日

縁側で交流楽しめる

第925回よその旅館ホテル

 ──宿の歴史は。

 「少なくとも江戸末期には宿をやっていたとの資料があるのですが、それ以前については分かりません。ただだいぶ昔から大峯山に入る行者の団体をお迎えしていたようです」

 ──一番の売りはなんでしょうか。

 「会話の多いところでしょうか。私も従業員も、常連さん、一見さん関わらずいろいろ話しかけ、世話をやきます。お客さまとの距離が近くないと逆に失礼があるような気持ちになるんです。『大峯に行って無事に帰ってきてほしい』と行者を案じ、世話する気持ちに由来するものなのでしょうね。そこが今どきの宿と違うのか、お客さまに喜んでいただいているようです」

 「洞川の宿はどこも通りに面して、たくさんの行者が一度に装束を解いたり草履を脱いだりできるような広い縁側があります。最近はお客さま同士、座っておしゃべりしたり、温泉街の雰囲気を楽しまれたりするふれあいの場になっています」

 「行者や登山客の他に、都会の仕事を持つ女性などさまざまな年代の人が1人旅で泊まりに来ます。従業員や他のお客さまとの触れ合いを楽しみにされているリピーターの方も多いですね」

 ──経営の課題は。

 「木造なので設備の修繕、維持が一番。あとは冬の集客です。冬場はマイナス10数度まで冷え込み、雪も降りますが、それでも来ていただける方法はないか考えています」

 「近年は高齢化で行者の団体が減っており、行者の歴史や過ごし方などが失われていくのはもったいないことです。若い人に受け継いでもらうきっかけづくりに、洞川の旅館組合では毎年5〜9月には行者体験を行っています。ぜひご参加を」

【14室、1泊2食税別1万2千円から】

http://www.masugenryokan.jp/

 

関連する記事

復興の先を見据え活性化観光企画人材を育成支援 ──さんりく基金立ち上げの背景は。 「三陸地域の産学官民の連携強化などを支援する『三陸地域総合研究センター』を母体に、『…

続きを読む

犬と一緒に泊まれる 第941回よその旅館ホテル ──セールスポイントを教えてください。 「こんぴらさんの参道にある旅館で、かつ、わんちゃんと一緒に泊まれます。ペット連れ…

続きを読む

数寄屋造りの五つの離れ 第940回よその旅館ホテル ――宿の特長は。 「数寄屋造りの離れの部屋が五つあります。中央に日本庭園があり、それを囲むように離れがあります。落ち…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?