【いらっしゃいませ!】果実(かみ)の山 あづま屋(山形県・かみのやま温泉)田中幹さん

  • 2017年12月23日

地元の果物でデザート

第935回よその旅館ホテル

 ──4月にリニューアルをしましたね。

 「新たに4室の露天風呂客室と、御影石、ヒノキの2種類の貸切露天風呂を造りました。特に若いカップルや夫婦に人気があり、今のところ評判は上々です」

 ──食事はどんなものを出していますか。

 「地元の旬の食材を使った会席料理です。肉は山形牛をメインにしており、ステーキ、しゃぶしゃぶなどで提供します。しゃぶしゃぶでは、ブルーベリーのような健康果実『アロニア』をポン酢の代わりにしています」

 「リニューアルの時に館名に『果物(かみ)の山』を付け加えました。かみのやまは、いろいろな種類のフルーツが獲れるフルーツ王国です。そのおいしさを味わっていただくため、夕食のデザートには地元のフルーツを使っています」

 ──浴場の特徴は。

 「滑らかなお湯で、保湿効果が高いため湯冷めしにくいです。露天風呂と大浴場は最上階の7階にあり、かみのやまの町の風景や山々を眺めながら温泉を満喫できます」

 ──経営面での課題はありますか。

 「サービスの善し悪しが、ネットエージェントのお客さまのクチコミ評価に影響してきます。人材不足の状況でいかに今のサービスを維持していくかが課題なので、従業員教育に力を入れています」

 「個人客にシフトし、いかに宿泊単価を上げるかも課題です」

 ──最近、客層が変わったと感じることはありますか。

 「これはかみのやま温泉全体に言えることなのですが、20代、30代のお客さまが急激に増えました。地域として『じゃらん』との取り組みを強めている効果が表れています」

【56室。平日1泊2食付き1万円(税別)から】

TOP

 

関連する記事

不感温度の秘湯の湯 第960回よその旅館ホテル ──名前の由来は。 「江戸末期に旅の尼僧さんが逗留され、当家の仏壇の奥にありました観自在菩薩様から自在の名前を提案され、…

続きを読む

竹鶴政孝氏命名の宿 第959回よその旅館ホテル ──創業は。 「昭和12年8月の創業で、祖父と親交のあったニッカウヰスキーの創業者、竹鶴政孝氏に『水明閣』と命名していただ…

続きを読む

顧客一人一人に対応 第958回よその旅館ホテル ──セールスポイントは何ですか。 「スタッフ全員が弊社の売りでもあり営業マンということです。ルーム係は『お客様いやし隊』…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

長澤まさみさん「Meet Colors! Taiwan」CM発表会