【いらっしゃいませ!】旅館志美津(大分県・湯平温泉)清水嘉彦さん

  • 2019年5月14日

自慢の「大洞窟温泉」

第998回よその旅館ホテル

 ――宿の売りは。

 「大洞窟温泉です。一度に20人ぐらい入れる石を組んだ、大きなお風呂です。今から約50年前、近くの花合川の砂防工事で出た石を使い、造園会社とのコラボレーションで造りました。温泉はナトリウム・塩化物・炭酸水素塩泉。胃腸病に効くと、雑誌に紹介されたこともあります」

 「日本庭園も自慢です。2カ所あり、1カ所は造成して100年以上たちます。旅館の面積より庭園の面積の方が大きいぐらいです」

 ――料理は。

 「懐石をベースにした創作料理です。旬の野菜を使った前菜から、豊後水道の海の幸、和牛など地元の食材を主に使っています」

 ――どんなお客さんが多いですか。

 「最近はインバウンドのお客さまが増えてきました。トリップアドバイザーで、日本の温泉宿で6番目に口コミ評価が高かった年もあります。一番多いのは韓国からですが、ヨーロッパやオーストラリアからも毎年来られる方がいらっしゃいます。日本の方は福岡からが一番多いですが、関東からも15%ぐらいいらっしゃいます」

 ――外国人に受けている理由は。

 「私を含めて英語対応が可能なスタッフが3人います。いらした時に、いろいろとお話をしたのが良かったのではないでしょうか」

 ――旅館業界は人手不足が深刻ですが。

 「月に6日ぐらい、全館休業にしています。従業員もベテランが多いですし、お客さまにゆったりくつろいでいただくためには、まずは受け入れる側がゆとりを持たねばと、時代に合わせて変革をしています」

 ――料金は。

 「1泊2食、平均で約1万5千円です」

 【8室、最大25人収容】

湯平温泉 旅館志美津へようこそ

 

関連する記事

◎…昨年10月1日付で広報室長就任。経営本部副本部長、総合企画部調整部長を兼ねる上席執行役員だ。広報との縁は深く、籍を置くのはこれで3度目。過去にはウイルスによるホームペ…

続きを読む

地域プロモーション連携室の取り組み 地域の観光情報を世界にまず受け入れ環境整備を ――地域プロモーション連携室立ち上げの背景は。 「JNTO(国際観光振興機構、日本政…

続きを読む

ゆこゆこの取り組み 「平日シニア」から「温泉」へ5年後に登録8千軒目標 ――副社長に就任後、約10カ月たったが。 「昨年6月末に就任した。これまでは主にカタログ通販型…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube