【いらっしゃいませ!】旅の宿 丸京(栃木県・鬼怒川温泉)沼尾広一さん

  • 2018年6月1日

海鮮懐石料理が自慢

第954回よその旅館ホテル

 ──宿のコンセプトについて教えてください。

 「お客さまに癒やしとくつろぎを提供し、体の調子を整えていただこうと、空気の清浄効果や室温を快適に保つ効果などがある炭のおもてなしをコンセプトにしています。祖父が炭を焼き、売っていたことから着想し、15年ぐらい前から取り入れています。客室のしつらえに炭を生かした炭ルームがあるほか、館内に炭のアート作品を展示しています」

 ──炭ルームはどのような客室ですか。

 「18の客室のうち5室が炭ルームです。客室の壁に炭を練り込んだ自然素材を使用しているほか、炭のイメージで統一した床の間、炭を生かした寝具などでリラックスできる空間にしています。炭ルーム以外にも、『一週間』をコンセプトにした和洋室、和室など、一部の客室は今年4月にリニューアルしたばかりです」

 ──大浴場は。

 「『炭澄の湯』の湯船には、温泉に炭の成分が溶け出すよう、炭の入った魚籠(びく)を設置していますし、炭の湯板を使っています。『檜の露天風呂』もございます」

 ──料理は。

 「夕食は“一週間を食べる○饗膳”として、旬の食材を生かした料理をお出しします。お客さまに当館で毎日過ごしていただきたいとの思いも込め、『○、饗、月、火、水、木、金、土、日』のそれぞれにちなんだ趣向の料理が並びます」

 ──日ごろのおもてなしで心掛けていることは。

 「当館の屋号は丸京ですが、思いは『○共』です。お客さま、従業員、取引先、地域の皆さまが共に丸く、角がなくなるようにとの気持ちを日々大切にしています」

【1泊2食付き1万5千円から】

http://www.marukyoo.com/

関連する記事

応神天皇産湯伝説、子宝の湯 第984回よその旅館ホテル ――館名に「千年湯」とあり、長い歴史を持つ温泉のようですね。 「湯ノ本温泉は、1800年前に応神天皇の産湯に使わ…

続きを読む

観光政策の展開 世界の観光産業の中心にキーワードは安心・安全 ――政府における観光の位置付けを改めてうかがいたい。 「安倍内閣にとって観光は成長戦略の柱、地方創生の切…

続きを読む

外国人材の活用へ準備受け入れ環境が重要に 2018年は、住宅宿泊事業法の施行による民泊のスタート、観光需要に大きな影響をもたらした自然災害の多発、人手不足に伴う外国人材…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube