【いらっしゃいませ!】新清館(岩手県・湯川温泉)高鷹重信さん

  • 2019年9月4日

創業100年、歴史ある温泉宿

第1013回よその旅館ホテル

 ――「静かな保養に適した温泉宿」とあります。

 「湯川温泉は昔からの湯治場で、開湯が永正年間(1504~1521年)といわれています。湯脈が浅く、近くを流れる川(小鬼ヶ瀬川=こにがせがわ)に湧き出る湯をお風呂にしていたという話もあります。旅館が建ち始めたのが明治、大正のころで、当館は大正10年の創業。来年100周年を迎えます」

 「温泉は低張性弱アルカリ高温泉。肌に優しい美肌の湯で知られるほか、傷口が早くふさがる、アトピーに効く、体がいつまでもポカポカするなどといわれます。男女それぞれの内湯のほか、あまり売りにはしていないのですが、昔の湯治場時代からの混浴が残っています」

 ――料理はどんなものを。

 「アユなど川魚の焼き物や山菜の煮付けなど、地元のものが多いです。時々の仕入れや季節によって、オリジナリティあふれるものをお出しします」

 ――どんなお客さんが多いですか。

 「秋田との県境近くにあり、県内や近県からのお客さまが多いですが、連休や行楽シーズンは遠くからもお越しいただいています。予約はネットが半分以上。外国の方は月に何人か来られるようになりました。アジアの人はなぜか少ないです。この前はポーランドとメキシコの方がお見えになりました」

 ――これからどんな宿に。

 「最近、大正ロマンをイメージした部屋を作りました。創業が大正時代ですので、原点に返るという思いもありました。料理やサービスもそちら風にシフトするなど、現在模索中です」

 ――料金は。

 「1泊2食で税別8千円からです」

 【12室、約50人収容】

湯川温泉 新清館 | 山間を流れる小鬼ヶ瀬川沿いに佇む温泉宿。

 

関連する記事

筑後川と耳納連山の眺望 第1014回よその旅館ホテル ――宿で一番のセールスポイントは何ですか。 「全ての客室から雄大な筑後川と耳納連山を眺めることと、アルカリ成分と硫…

続きを読む

◎…「これまでインバウンド業務に長く関わってきたが、インバウンドを伸ばすには、海外旅行、日本人の国内旅行、これら全てを盛り上げていかなければならないとJATAに来て勉強に…

続きを読む

真の観光立国実現に向けて 「観光」が国の成長戦略の柱として注目される中、その重要性をいち早く認識し、政治的立場で30年来活動を続けてきた二階俊博・自民党幹事長(全国旅行業…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube