【いらっしゃいませ!】岡田屋(石川県・和倉温泉)岡田まり子さん

  • 2011年5月14日

気配りと親密感の宿

第625回よその旅館ホテル

──リピーターが7割を超えるとのことですが。秘けつは。

 「お客さまとの距離感が近い接客でしょうか。私自身人が好きなので、お客さまと一体感が生まれるような接客がモットー。他の宿の接客とは違うかもしれませんが、そういった雰囲気を楽しみに来てくださるお客さまが多いように思います」

 「おかげさまで常連さんの同行や、常連さんの口コミがきっかけで来て下さるお客さまがたくさんおられます。ありがたいですし、身の引き締まる思いです。小さな宿である分、リピーターの方の細かい要望や、プラン外の食事の希望などもきめ細かに対応できるよう努力しています」

──お湯にもこだわられているとか。

 「源泉に近いので泉温は90度近くありますが、加水などはせず、熱交換器を使って適温にして源泉かけ流しで提供しています。泉温を下げるために使った水は温められているので、シャワーとして使っているんですよ」

──料理は。

 「地元の旬の素材にこだわっています。地のものはコストがかさみますが、自分たちがおいしいと思っているものを提供したいとの一念でがんばっています。七尾の海で取れた新鮮な海の幸に加え、今の時期は山菜などもおいしいですよ。メーン料理として船盛りと能登牛のすき焼きのどちらかを選べるプランも用意しています」

──経営の課題は。

 「先が見えない、読めないことでしょうか。間際化も進み、お客さまの動きも見えにくくなっているので、集客のための対策を立てようがない。東日本大震災などもあって、この5、6月、首都圏付近のお客さまを中心に動きがないことも悩みのタネです」

【10室、1泊2食1万650円から】

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら