【いらっしゃいませ!】奥田屋(岐阜県・湯屋温泉)奥田多美子さん

  • 2017年3月25日

歴史ある炭酸泉の宿

第899回よその旅館ホテル

 ──一番の売りは。

 「高濃度の炭酸泉です。泉質は、含二酸化炭素—ナトリウム—炭酸水素塩—塩化物泉、泉温15度の冷鉱泉です。熱交換で加温した温泉を楽しんでいただいていますが、男湯では源泉そのままの冷鉱泉の浴槽もあります。飲泉もでき、古来から胃腸の病に効くと言われています」

 ──宿の歴史は古いのですか。

 「450年ほどの歴史があります。昭和40年代くらいまでは湯治専門の宿でした。時代の流れで湯治宿ではなくなりましたが、この7、8年、湯治のような形で長逗留したいというお客さまが増えてきましたので、自炊設備を整えました。湯治希望の方は、繁忙期以外にはなりますが、一般の客室に宿泊して、食事は自炊していただくプランと、量や内容を控えめにした湯治膳が付くプランを選んでいただけます」

 ──食事はどういったものになりますか。

 「岐阜ですので、やはりメインは飛騨牛になります。飛騨牛の朴葉焼きのほか、連泊のお客さまにはしゃぶしゃぶなどもお出ししています。あとはイワナの塩焼きやお刺身などです。このほか当館の名物として、地元産のソバをひきたて、打ちたて、ゆでたての『三立て』にこだわって提供しています。エゴマのたれで味わっていただくそばがきも喜んでいただいています」

 ──客層は。

 「東海圏からの中高年のご夫婦が中心です。関西、北陸のお客さまもおられます」

 ──集客は。

 「旅行会社とのお付き合いはありません。大半がリピーターのお客さまで、あとは口コミによる直予約になります。外国人の方はまだ少ないですね」

【9室、1泊2食(税別)1万円から】

17_03_18

関連する記事

海鮮づくしの「龍宮料理」 第938回よその旅館ホテル ──創業は。 「43年前に龍宮料理の宿として創業しました」 ──海鮮料理が売りのようですが。 「鳥羽の海は魚種…

続きを読む

「観光資源の魅力向上」 産業の担い手にも意欲 石井啓一国土交通相はこのほど、国土交通省交通運輸記者会の加盟紙による共同インタビューで、国土交通施策に関して新年の抱負を語っ…

続きを読む

お客さまを健康に 第937回よその旅館ホテル ──「健康になっていただける旅館」を目指していますね。 「20年ほど前に『低糖質』に取り組む医師に出会ったのがきっかけです。以…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒