【いらっしゃいませ!】味覚の宿双葉荘(滋賀県・彦根市)片岡京子さん

  • 2018年6月7日

琵琶湖一望、味の宿

第955回よその旅館ホテル

 ──お宿の一番の売りは何でしょうか。

 「宿から望む琵琶湖の景色です。琵琶湖畔にありますので、すべてのお部屋から琵琶湖の雄大な眺めを楽しんでいただけます。1階のお部屋でも琵琶湖が望めるよう、桟敷を設けているんですよ」

 ──料理も力を入れているそうですね。

 「かつては琵琶湖でも天然のウナギがたくさん取れており、地元ではいろいろな形で食べていました。ですので当館でも長年、ウナギの飯蒸しをお出ししています。ウナギは地物の天然とはいきませんが、もち米は地元のものを使っており、お客さまからも好評です。あとはすき焼き風に召し上がっていただく『鰻(うなぎ)のじゅんじゅん』もご用意しています」

 「県が力を入れているビワマスのお刺身、冬には郷土料理の『鮒(ふな)の子まぶし』など、湖魚を楽しんでいただけるよう工夫しています。近江牛も食べていただきたいので、こだわりぬいたお肉を用意しております」

 ──客層は。

 「京阪神の方と同じくらい関東方面からもお越しになります。年齢層は年配の方が多いですが、赤ちゃん連れ向けのプランなども用意してファミリー層にも訴求しています。このほか最近はスポーツサイクルで琵琶湖を一周する『ビワイチ』が盛り上がっていますのでサイクリストの方も多いです。そこで土間がありお部屋の中で自転車を眺めたりメンテナンスしたりできるお部屋を設けました」

 ──経営の悩みは。

 「旅館設備のサイクルがどんどん短くなっていることです。すべてに対応していくわけにはいかないので、そこは次の世代が必要と思うものを取捨選択して、取り込んでいってほしいですね」

【14室、1泊2食税別1万6千円から】

http://www.futabasoh.com/

関連する記事

応神天皇産湯伝説、子宝の湯 第984回よその旅館ホテル ――館名に「千年湯」とあり、長い歴史を持つ温泉のようですね。 「湯ノ本温泉は、1800年前に応神天皇の産湯に使わ…

続きを読む

観光政策の展開 世界の観光産業の中心にキーワードは安心・安全 ――政府における観光の位置付けを改めてうかがいたい。 「安倍内閣にとって観光は成長戦略の柱、地方創生の切…

続きを読む

外国人材の活用へ準備受け入れ環境が重要に 2018年は、住宅宿泊事業法の施行による民泊のスタート、観光需要に大きな影響をもたらした自然災害の多発、人手不足に伴う外国人材…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube