【いらっしゃいませ!】亀山荘(宮城県・気仙沼大島)小松大介さん

  • 2018年5月26日

三陸の新鮮な海の幸を提供

第951回よその旅館ホテル

 ──一番のセールスポイントは何でしょうか。

 「三陸の新鮮な海の幸を使った夕食です。養殖業も営んでおり、宿泊の当日に海からあげたカキ、ホタテ、ホヤを生や焼き物、鍋料理などで提供しています。漁業権も持っているので、季節によっては私たちが獲った旬のアワビやウニもお出ししています」

 ──浴場施設の特徴は

 「大浴場が全面ガラス張りで館内にある庭園など外の景色が楽しめます」

 ──サービス面で心掛けていることは。

 「小さな旅館ですので、アットホームで親しみやすい接客に務めています」

 ──客の層は。

 「以前は団体客が中心だったのですが、今は熟年の夫婦や家族が多いですね」

 ──東日本大震災の影響はまだ残っていますか。

 「震災直後は復旧、復興に関わる工事関係者やボランティアによる宿泊需要がかなりあって、大きな落ち込みはありませんでした。昨年、今年はそうした人たちの宿泊が最盛期の3分の1ぐらいに減ってしまい、全体の宿泊客は震災前の半分以下と厳しい状況です」

 ──経営の課題はありますか。

 「島内人口約2500人の半分以上が65歳以上だと言われていて、働いてくれる人がなかなか見つかりません。従業員不足で接客の対応ができず、予約があっても断ることが多々あります」

 ──大島と本土を結ぶ「気仙沼大島大橋」が2018年度末に開通する予定です。

 「船で渡るしか方法がなかったので、大橋の完成で多くの人が大島に来てくれることを期待しています」

【20室。平日1泊2食付き1万800円から(税込み)】

http://kameyamaso.com/

関連する記事

応神天皇産湯伝説、子宝の湯 第984回よその旅館ホテル ――館名に「千年湯」とあり、長い歴史を持つ温泉のようですね。 「湯ノ本温泉は、1800年前に応神天皇の産湯に使わ…

続きを読む

観光政策の展開 世界の観光産業の中心にキーワードは安心・安全 ――政府における観光の位置付けを改めてうかがいたい。 「安倍内閣にとって観光は成長戦略の柱、地方創生の切…

続きを読む

外国人材の活用へ準備受け入れ環境が重要に 2018年は、住宅宿泊事業法の施行による民泊のスタート、観光需要に大きな影響をもたらした自然災害の多発、人手不足に伴う外国人材…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube