【いらっしゃいませ!】ホテルオークヒル(山形県・蔵王温泉)佐藤直己さん

  • 2018年10月24日

紅葉の蔵王山を一望

第974回よその旅館ホテル

 ――今の時期の蔵王温泉の魅力は。

「紅葉が非常にきれいです。特に蔵王ロープウェイや山岳道路『蔵王エコーライン』から見る景色がお薦めです」

 ――宿の特徴は。

「館が温泉街から外れた地域の高台に建っているので、眺めがとてもいいです。今は紅葉の蔵王山を一望できますし、スキーの時期にはナイターのゲレンデが美しく輝いているのが見えます」

 ――温泉は。

「緑に囲まれた源泉掛け流しの温泉です。露天風呂もあり、男性用、女性用それぞれに岩風呂と檜風呂を備えています。泉質は強酸性硫黄泉で、酸性度の強さは日本で2番目。きりきず、皮膚病などに抜群に効きます」

 ――入浴した人の評判はどうですか。

「十年ぐらい前から温泉の質についてよく分かっているお客さまが増えてきました。そんな温泉好きのお客さまから『いろいろな温泉に入ったが、ここが一番いいよ』と言われることが多いですね」

 ――食事は。

「館名はホテルですが、中身は旅館なので季節の和食膳です。山形らしい、蔵王らしい料理をメインにしています。今の季節は、いも煮やニジマスの刺身・塩焼きなどです。ご飯には山形産の新しいブランド米『雪若丸』を使っています」

 ――客層は。

「週末は若い人も多いのですが、1週間で見ると仕事をリタイアした年配のご夫婦などがほとんどです」

 ――外国人客は来ますか。

「特に何かを仕掛けているわけではないのですが、年々増えています。冬の樹氷やスキーの時期は特に多く、宿泊客全体の3、4割を占めます」

【30室、平日1泊2食付き・1万円(税込み)から】

蔵王温泉ホテルオークヒル公式サイト

関連する記事

最上川源流の滝を望む 第976回よその旅館ホテル ――名前の由来は。 「最上川の源流の滝『火焔の滝』の袂(たもと)にあることから名付けられました。山形の吾妻山麓に位置す…

続きを読む

一部客室リニューアル 第975回よその旅館ホテル ――一部の客室を8月にリニューアルオープンされましたね。 「客室数は21室で、このうちペットの室内犬と過ごせる専用客室…

続きを読む

持続可能な地域づくりをAIなど技術導入も検討 ――長野県阿智村といえば「日本一の星空」だが、星空観光を始めた背景は。 「私は、元々『ナイトツアー会場ヘブンスそのはら』…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube