【いらっしゃいませ!】ホテルのせ川(奈良県・野迫川温泉)中村雅昭さん

  • 2018年3月3日

熊野古道の秘境宿

第943回よその旅館ホテル

 ──お宿の一番の売りは何でしょうか。

 「高野山から熊野本宮大社への参詣道の途中、奥高野の大自然の中の一軒宿という立地です。当館のある野迫川村は人口420人あまり。信号もコンビニエンスストアもありません。お越しいただくにも手段は自家用車か宿の送迎車、徒歩のみです。だからこそ、日常を忘れて美しい星空や雲海の絶景などを楽しんでいただけます」

 ──お食事は。

 「地産地消を心掛けています。村に関西最大のアマゴの養殖場がありますので、すべてのプランにアマゴの塩焼きが、朝食には珍しいアマゴの一夜干しが付きます。会席の場合には洗いや南蛮漬けもお出ししています」

 「今一番の人気はオリジナルの『カシキ鍋』です。これはカモ、シシ、キジ肉を地元産の野菜と共に召しあがっていただく醤油仕立ての鍋です。地元で捕れた3歳未満のメスの猪肉を使っていますので臭みもなく3種のお肉のうまみを存分に味わっていただけます」

 ──客層は。

 「高野山参拝や熊野古道を歩かれる方が多いです。また村唯一のホテルですのでビジネス利用もあります。最近は欧米のお客さまも多く、昨年は355人お越しになりました」

 ──経営の悩みは。

 「人材不足です。特に若い人手がない。急な団体などのお話があっても、対応できずお断わりしなければならないこともあります」

 ──今後取り組みたいことはありますか。

 「村の人と協力して地産地消100%にしたいですね。あとは地元産品を使った加工品づくり。今も食事処でシカ、シシを使ったコロッケやカレーを提供し好評なので、地元の特産品として販売できるようにしたいです」

【31室、1泊2食1万800円から】

https://hotel-nosegawa.jp/

 

関連する記事

琵琶湖一望、味の宿 第956回よその旅館ホテル ──創業は。 「1964年の東京五輪の年に開業しました。満山荘の名前は、穂高、立山、五流、白馬三山など山に満ちた景色を楽…

続きを読む

琵琶湖一望、味の宿 第955回よその旅館ホテル ──お宿の一番の売りは何でしょうか。 「宿から望む琵琶湖の景色です。琵琶湖畔にありますので、すべてのお部屋から琵琶湖の雄…

続きを読む

接点増やしリピーター化異業種連携で横の絆作る ──DMO立ち上げの経緯は。 「観光に関する組織が町の観光商工課、観光協会、商工会、旅館組合と四つあり、それぞれの役割が…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

長澤まさみさん「Meet Colors! Taiwan」CM発表会