【いらっしゃいませ!】にごり湯の宿 湯荘白樺(栃木県・新湯温泉)杉山岳人さん

  • 2019年5月1日

天然硫黄泉が自慢

第997回よその旅館ホテル

 ――硫黄の匂いが何ともいえません。体に効きそうですね。

 「乳白色の天然硫黄泉が当館の自慢です。すぐそばに『新湯爆裂噴火跡』があり、今なお温泉が湧き続け、たくさんの湯煙が立ち上っています。お湯はここから引いています。当初は透明ですが、時間がたつと自然に乳白色に変色します。酸性が強く、けっこう刺激がありますよ」

 「男女別の内湯のほか、露天風呂があります。内湯は24時間入浴できます。露天風呂は混浴ですが、午後6~9時は女性専用にしていますので、安心して入浴できます」

 ――泥パックができるとか。

 「源泉の底から汲み上げた、成分の濃い灰色の『湯泥』で、風呂場での湯泥パックを勧めています。肌に塗って3~4分乾かした後、流すとすべすべになります。女性のお客さまは特に喜ばれますね。また、体の痛いところに塗ると、痛みが緩和します。売店で1瓶千円で販売しています」

 ――食事はどんなものを。

 「近所の農家で採れる高原野菜や山菜、きのこ類、川魚などをお出ししています。朝食のけんちん汁は具だくさんで、ぜひ味わっていただきたいですね。朝夕食とも部屋出しです」

 ――朝の散歩をしているそうですね。

 「私がガイド役となり、お客さまを案内する『朝ん歩』ですね。朝食前に湿原・大沼園地まで車で行き、30~40分ほど散策します。これからの季節は散歩には最適です。お客さまも喜ばれます」

 ――課題といえば。

 「当館は中高年やお年寄りのお客さまが多く、洋室を希望する方が増えています。できれば2室を洋室にしたいと考えています」

【客室15、1泊2食7千円(税別)から】

奥塩原温泉 湯荘白樺(奥塩原新湯温泉旅館) 栃木県塩原温泉郷

 

関連する記事

大正時代の古民家を改装 第1011回よその旅館ホテル ――開業は。 「大正時代に建てられた古民家をリノベーションし、昨年の10月に開業しました。定期的にお客さまに使って…

続きを読む

◎…4月1日付で現職就任。前職は東日本営業本部メディア営業二部部長。「広報セクションは初めて」と戸惑いもあるが、「西(関西)はともかく、東(東京以北)での当社の認知度は十…

続きを読む

地域の酪農家を応援 第1010回よその旅館ホテル ――タンチョウ(ツル)や酪農で知られる鶴居村ですね。 「私は阿寒(釧路市)の出身で、大阪で料理などを学んだ後にこちらに…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube