「革新的なサービス」募集 日本生産性本部、優れた事例表彰

  • 2021年10月29日

 日本生産性本部サービス産業生産性協議会は11月1日、革新的な優れたサービスを表彰する第4回「日本サービス大賞」の応募受け付けを開始する。サービスの高度化と産業の発展を先導する、きらりと光る新しい価値を提供しているサービスや、これまでになかった新しいやり方を実現しているサービスが対象。これまで観光関係サービスの受賞も多々ある。

 応募は、日本国内に拠点を置く事業者であれば業種や事業の営利、非営利を問わない。応募できるサービス事業は、応募時点で実際に提供しているものに限る。同一事業者から複数のサービスについても応募が可能。

 革新的な優れたサービスであることの審査基準は、(1)顧客から見たサービスの良さ(明快性、革新性、優越性)(2)「サービスを作り届ける仕組み」の良さ(明快性、革新性、優越性)(3)成果(顧客価値、事業の継続性・発展性)(4)サービスイノベーションを通じた社会の発展への寄与(モデルとしての期待)。

 賞は、内閣総理大臣賞のほか、経済産業大臣賞、総務大臣賞、厚生労働大臣賞、国土交通大臣賞、地方創生大臣賞など。

 2019年の第3回では、観光関係から、地方創生大臣賞にスタービレッジ阿智誘客促進協議会(長野県)の「日本一の星空 長野県阿智村『天空の楽園 ナイトツアー』」とイーグルバス(埼玉県)の「ICTと地域観光興しによる持続可能な交通まちづくり」が、国土交通大臣賞に星野リゾート(長野県)の「地域の魅力を掘りおこし新たな旅を創造する『ホスピタリティ・イノベーター』」が選ばれている。

 応募締切日は12月20日。来秋に発表、表彰を予定している。

 応募に関する詳細は、サービス産業生産性協議会「日本サービス大賞」事務局TEL03(3511)4010。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら