「観光孤立国」の懸念も 日観振など12団体、訪日観光再開を要望

  • 2022年5月24日

 日本観光振興協会(日観振)、日本旅行業協会(JATA)など観光関連の12団体・企業は12日、水際対策の緩和に関する要望書を斉藤鉄夫国土交通相に提出した。日本の水際措置は、国際的な往来を再開している欧米諸国などに比べて厳しく、観光の国際競争力の低下につながっているとして、外国人による観光目的の入国の早期再開、1日当たりの入国者数の制限撤廃などを求めた。

 要望書は日観振、JATAをはじめ、全国旅行業協会、日本ホテル協会、全日本ホテル連盟、日本旅館協会、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会、日本バス協会、日本民営鉄道協会、全日本空輸、日本航空、JRグループの連名。髙橋広行JATA会長らが斉藤国交相を訪ね、要望書を手渡した。

 水際対策の現状について要望書は「国の成長戦略の柱として、地域、日本経済の成長に大きく寄与してきた観光目的のインバウンドの復活はいまだ見通せず、一部の緩和はあるものの、出張などのアウトバウンドに関する制限の継続と相まって、ウィズコロナで国際往来を再開している欧米諸国などとの差は大きく、国際競争力の低下は否めない」と指摘した。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram