「空飛ぶクルマ」で旅客輸送 ANAホールディングス

  • 2022年3月6日

eVTOL

 ANAホールディングス(HD)は2月15日、Joby Aviation(米国カリフォルニア州)と電動エアモビリティeVTOLを活用した、日本での新たな運航事業の共同検討に関する覚書を締結した。覚書には、地上交通での連携なども想定し、トヨタ自動車も参加。電動エアモビリティによる「空飛ぶクルマ」での旅客輸送サービスの実現を目指す。

 eVTOLは、電動モーターで複数の回転翼を回転させ、垂直離着陸できる小型航空機。空飛ぶクルマとも称され、渋滞の緩和や温暖化への対策など、豊かで持続可能な社会を実現する新たなモビリティとして世界各国で開発を急ピッチで進めている。Jobyが開発するeVTOLは、電動で低騒音かつ排気ガスがゼロであると同時に、最大航行距離約150マイル(240キロ)超、最高速度200mph(約320キロ)で航行可能な5人乗り仕様となっている。

 今回のパートナーシップでは、航空会社のANAHDと電動航空機開発および航空サービス開発を進めるJobyの2社が、国内大都市圏を中心とした移動サービスの実現に向けて事業性調査、旅客輸送サービス実現に向けた運航、パイロット訓練、航空交通管理、離着陸ポートなど地上インフラ整備、関係各社および国、自治体と新たな制度、法規への対応など、さまざまな側面で共同で検討を行う。

 トヨタ自動車を含めた3社は、経済産業省と国土交通省が空飛ぶクルマ実現に向けて設立した「空の移動革命に向けた官民協議会」メンバーであり、同協議会が推進するプロジェクトの議論にも参加していく。


eVTOL

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram