「滋味礼讃 at アマン京都」を12月9日開催

  • 2022年11月2日

 アマン京都は、「滋味礼讃 at アマン京都」を12月9日に開催する。

アマン京都 (京都市北区、総支配人 柴田厚志) の日本料理「鷹庵」では、世界最高峰のソムリエ 石田博氏をお招きし、厳選ワインと酒ペアリングで、滋味豊かな冬の旬を堪能する一夜限りの催し「滋味礼讃 at アマン京都」を2022年12月9日(金)に開催します。また、12月10日(土)から12月28日(水)まで、期間限定で石田氏考案のペアリングをお楽しみいただけます。

2022年12 月9 日(金)一夜限りのスペシャルコラボレーション
2022年12月10日(土)から28日(水)まで 期間限定 厳選ペアリング

日本最優秀ソムリエのタイトルを過去3度獲得し、2000年にはソムリエのオリンピックとも称されるA.S.I.世界最優秀ソムリエコンクールで第3位の座につき、日本のワイン界を牽引する名ソムリエ。石田氏のペアリングは、ワイン特有の個性を生みだすテロワールや品種はもちろんのこと、つくり手にまつわる秘話を堪能でき、ときには意外性で思わぬ感動を生みだすなど、日本中のワイン愛好家からの絶大な信頼を得ています。今回の一夜限りのスペシャルコラボレーションでは、ワインの持つ季節感を重視ししつつ、石田氏の磨き抜かれた感性と技で、総料理長高木の料理を一層引き立てるペアリングをご提案。漁期2ヶ月未満、初冬にしか味わうことができないとされる濃厚で旨味たっぷりの香箱ガニや、この時期に最も脂がのる寒ブリなど、滋味豊かな冬の旬を厳選ワインと酒ペアリングでご堪能いただけます。

 

 

 

濃厚で旨味たっぷりの香箱ガニなど冬の旬を厳選ペアリングとともに濃厚で旨味たっぷりの香箱ガニなど冬の旬を厳選ペアリングとともに

石田氏は、「今日、広がりつつあるペアリングは、伝統的なワイン生産国であるフランス料理やイタリア料理の分野に留まることなく、あらゆるジャンルへと可能性を広げています。なかでも、日本料理はワインを楽しめる要素を最も秘めているひとつ。世界の一流シェフやソムリエが日本料理に強く惹かれるのは、その奥行きの深さです。高木氏が生み出す『伝統と革新』の料理とのコラボレーション。もてなす立場ながら、心が弾みます」と語ります。

また、鷹庵 総料理長高木は石田氏について、「ペアリング=石田博という方程式が成り立つほどに、石田氏は日本におけるペアリングのパイオニア的存在。日本料理との絶妙な相性を引き出すまたとないペアリングで、ワインのダイバーシティーや豊かさとともに、新たな発見の旅へと誘ってくれることでしょう」とコメントします。ライブ感あふれる一枚板のカウンターや、苔の庭を愛でるテーブル席で、日本料理の粋やワインの美学を語り合いながら、一夜限りの冬の宴をお楽しみください。

「滋味礼讃 at アマン京都」
日時:2022年12月9日(金) 受付開始 午後5時30分 ディナー開始 午後6時
場所:日本料理「鷹庵」
料金:お一人さま 58,000円(サービス料・消費税込)
予約:075-496-1335 (レストラン予約 午前9時~午後 6時)
ウェブ:https://www.aman.com/ja-jp/resorts/aman-kyoto/dining/taka

「ペアリング by Hiroshi Ishida at 鷹庵
日時:2022年12 月10日(土)から12月28日(水)まで
場所:日本料理「鷹庵」
料金:ディナー  お一人さま 38,000円(サービス料・消費税込)
ペアリング お一人さま 16,500円(サービス料・消費税込)
予約:075-496-1335 (レストラン予約 午前9時~午後 6時)
ウェブ:https://www.aman.com/ja-jp/resorts/aman-kyoto/dining/taka
*食材の仕入れ状況により、期間内であっても終了させていただく場合がございますことご了承ください。

石田 (いしだ ひろし)

株式会社HUGE所属、社団法人日本ソムリエ協会 副会長。1969年、東京生まれ。都内の一流ホテルやレストランでソムリエを務めたのち、2004年、ベージュ アラン・デュカス東京の開業時にダイニングマネージャーとして着任、のちに総支配人となる。1996年、第1回全日本最優秀ソムリエコンクールで優勝、その後も国内外のコンクールで優勝するほか、「黄綬褒章」を受賞するなど、日本ソムリエ界を牽引。2013年、合同会社Souplesseを設立し、レストラン事業やコンサルのほか、講演、執筆活動、次世代の育成に携わる。著書に『10種のぶどうでわかるワイン』(日経出版)、『ワインの新スタンダード』(世界文化社)、『ソムリエが出会った16の極上ペアリング』(東京堂出版)など。

<受賞暦>
全日本最優秀ソムリエコンクール優勝 第1回(1996)、第2回(1998)、第7回(2014)
2000年第10回世界最優秀ソムリエコンクール第3位
201 1年厚生労働省 現代の名工受賞
2014年内閣府 黄綬褒章受章
2015年第3回アジア・オセアニア最優秀ソムリエコンクール優勝
2016年第15回世界最優秀ソムリエコンクール セミファイナリスト

鷹庵 総料理長 高木慎一朗たかぎ しんいちろう
「銭屋」初代主人の父のもと、石川県金沢市で生まれ育ち、高校時代に1年間の米国留学、大学卒業後は京都の老舗懐石料亭「京都吉兆」で修業。1996年に実家が経営する「銭屋」に入り、2008年に 2代目主人に就任し、ミシュラン2つ星レストランへと導く。同年、2008年にニューヨーク日本総領事公邸晩餐会で料理を担当したのをきっかけに、海外における活動の舞台を広げ、ニューヨーク、パリ、 ミラノなど世界各地のホテルやレストランでコラボレーションを行うなど、日本料理の普及・発展に努める。2020年4月にアマン京都日本料理「鷹庵」の総料理長に着任。

 

日本料理鷹庵」について
アマン京都が位置する鷹峯地区は、江戸時代初期の芸術家であり、また琳派の創始者として名高い本阿弥光悦が居を構え、芸術村として栄えたことでも知られます。かつてこの地で、光悦があらゆる分野の芸術家たちと共に新しい価値を生み出してきたように、ここ「鷹庵」でも、食材、器、美術品との出会いを尊びながら、次世代につながる新しい日本料理の美学を世界に発信していきます。厳選された旬の食材をそのとき最も美味しいお料理に仕立てたおまかせのテイスティングメニューをご堪能ください。

日本料理「鷹庵」外観日本料理「鷹庵」外観

アマン京都について
2019年11月に開業したアマン京都は、京都の北、左大文字山から続く鷹峯三山の麓に息づく、密かな森の庭に佇むプライベートリゾートです。約2万4千平方メートルの広い敷地内には、アライバル棟、リビング棟、レストラン棟、天然温泉を備えるスパ棟、そして、24室からなる客室棟と2つのパビリオン棟が森の庭に溶け込むように点在しています。隠れ家のようなアマン京都のモダンな建築と、時を経てなお凛と残る庭が織り成す景観で、より奥深い古都の魅力に触れる滞在をご提供いたします。

アマン京都
京都市北区大北山鷲峯町1番 Tel: 075-496-1333 (ホテル代表)
Email: amankyoto@aman.com

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram