「未来の交流券」を企画・販売 南三陸町、コロナ収束後に誘客

  • 2020年6月5日

 宮城県の南三陸町観光協会は20日、新型コロナウイルスの感染拡大が収束した後に使える「未来の交流券」を企画、販売した。コロナ収束後の楽しみを先取りしてもらう試みで、協会は「交流の先行予約券」と位置付けている。

 町内の旅館・ホテル、民宿の宿泊券を通常より3千~5千円安く購入できるほか、イベントや収穫体験などの商品券も最大5割引で買うことができる。

 参加宿泊施設の南三陸ホテル観洋は1泊2食付きの「アワビ・フカヒレ」プランを、通常1万6500円を1万1500円で提供する。

 未来の交流券はウェブサイト「みなみな屋eマルシェ」や協会で購入できる。販売期間は6月30日まで。支払いはクレジット、または銀行振り込み。

 コロナ収束後、町が受け入れ可能と判断すれば、購入者に対し予約開始可能日の案内と交流券を送付、宿泊施設や体験提供団体などに直接予約してもらう。交流券の利用期間は、収束後に案内する利用開始日から1年間。

 販売から間もないが、協会は「問い合わせも入ってきており、反応はいい」と話している。

 20日時点の、ホテル観洋以外の参加宿泊施設は次の通り。

 校舎の宿さんさん館▽南三陸まなびの里いりやど▽民宿下道荘▽漁家民宿やすらぎ▽明神崎荘▽ペンションoh!ing▽民宿なか▽民宿津の宮荘▽民宿コクボ荘▽OYOホテル南三陸▽アイルーム南三陸

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram