「日光を食べ尽くそう」 日光市観光協会が誘客キャンペーン

  • 2022年1月6日

 日光市観光協会日光支部(栃木県日光市)と日光旬旅倶楽部(同)は、日光の食材をより広く発信することを目的に「日光を食べ尽くそう」キャンペーンを実施している=写真はポスター。9月30日まで実施予定。

 「あまり知られていないが、意外と豊富な日光産の食材を広くPRし、食を通じた誘客促進及び地域活性化を図る」が同キャンペーンのメインテーマ。特設サイト(https://www.nikko-tabetsukusou.net/index.html)では、日光産食材を紹介すると共に日光産食材を使用したメニューを提供している店舗(宿泊施設、飲食店など)の情報を掲載している。参加店舗は「世界遺産エリア」「中禅寺エリア」「湯元エリア」「足尾エリア」に区分され、利用者は市内日光エリアを中心に広範囲の店舗で地元の食材を堪能できる。SNS投稿キャンペーンも実施しており、掲載店舗で日光産食材が使われている料理を食べた際の写真をSNSに投稿すると、投稿者にはポストカードが贈られ、抽選で宿泊利用券などの賞品が贈呈される。

 日光千姫物語などを運営する春茂登グループの根本芳彦社長は、「東照宮をはじめ観光スポットのイメージを日光に対して持つ方が多いと思うが、実は野菜から畜産、米に至るまで、さまざまなおいしいものがそろう食の宝庫でもある。ぜひ各店舗で日光の美味に触れてほしい」と呼び掛ける。
 問い合わせは同サイト、同市観光協会日光支部TEL0288(22)1525。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram