「新田老駅」の設置認可 三陸鉄道、来年10月末開業

  • 2018年7月28日

 東北運輸局は12日、三陸鉄道(岩手県宮古市)が申請していた北リアス線の新駅「新田老駅」(宮古市田老)の設置を認可した。現在の田老駅と摂待駅の間に位置し、開業予定日は来年10月末の予定。

 新駅の設置場所は田老中心部に近く、隣に災害公営住宅や三王団地が造成され、人口が回復傾向にある地域。新駅には、移転する宮古市田老総合事務所が併設される。

 三陸鉄道は、JR東日本からの山田線宮古駅―釜石駅区間の移管に伴い、今年度末から北リアス線と南リアス線をつなぐ一環運行を開始する予定。沿線地域の活性化、利用の促進に向けて新田老駅の設置を生かす。

関連する記事

日本旅館協会東北支部連合会はこのほど、会員旅館を対象に実施している宿泊実態調査の2019年3月の結果をまとめた=表。東北6県の合計では、前年同月の実績に対して宿泊人員は1…

続きを読む

京都市は7月1日から、世界遺産・二条城の入城時間を拡大する。朝夕の涼しい時間帯にゆっくりと観覧してもらうのが狙い。数量限定の特別朝食も提供する。 9月30日まで実施。現…

続きを読む

宿泊棟は6月上旬完成 大分県竹田市が整備を進めていた温泉利用型療養施設「クアパーク長湯」(直入町長湯)=写真=の温泉棟とレストラン棟が4月25日開業した。同日は温泉棟を無…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube