「宿泊施設の整備必用」 日本観光研究学会、インバウンドテーマのシンポジウムで指摘

  • 2018年6月12日

 日本観光研究学会は5月26日、東京の立教大学池袋キャンパスでシンポジウムを開いた。「“インバウンド”に観光研究はどう向き合うか」をテーマに、研究者6氏が意見を述べた。各氏は、宿泊施設の整備や観光プロモーションの強化など、インバウンド対策についてさまざまな視点で訴えた。

 講演で小野良平氏(立教大学、日本観光研究学会集会委員)、パネルディスカッションで山田雄一(公益財団法人日本交通公社)、栗原剛(東海大学)、カロリン・フンク(広島大学)、小磯修二(一般社団法人地域研究工房)、米田誠司(愛媛大学、日本観光研究学会集会委員)の各氏が登壇。

 日本交通公社の山田氏は、外国人を含めた観光客の誘致に向けて、観光地のブランディングの必要性を強調。「従来は人口集中地域にどれほど近いかで集客の規模が決まっていた。しかしインバウンドの振興で状況が変わった。地域資源を生かすことで多くを集客できる。来訪前の期待値をいかに高めるか。観光地における具体的な楽しみ方をプロモーションすべきだ」と説いた。

 広島大学のフンク氏は、クルーズの拡大に伴う港湾整備について「1日7千円しか消費しないクルーズ客のために、莫大な投資をするのは疑問だ。投資が海外のクルーズ業者に流れるだけではないか。その研究が必要だ」と指摘。

 地域研究工房の小磯氏は、宿泊施設の整備の必要性を強調。「インバウンドは2020年に4千万人、30年に6千万人というのは大変な数字だ。それを支えるインフラは大丈夫か。宿泊施設に対する強力な融資政策がなくなっており、作る必要がある。海外からのマネーは地元でネガティブに見られるが、マクロとして見た場合、地域での消費拡大につながる。考えていかねばならない」と述べた。

関連する記事

四国ツーリズム創造機構(会長・松田清宏JR四国相談役)は動画制作会社と連携し、CGキャラクターが「Vチューバー」として観光資源の魅力を発信する動画を試験的に制作した。今後…

続きを読む

日本政府観光局(JNTO)は2日、自然災害への対策として、訪日外国人を対象としたスマートフォン向け観光情報アプリ「JapanOfficialTravelApp」に災…

続きを読む

国土交通省北海道運輸局は3日、2019年度訪日プロモーション地方連携事業の説明会を開き、実施方針を発表した。各地域から連携事業の募集を始めた。 外国人旅行客の誘致促進に…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

日本舞踊の山村若瑞(2016ミス日本酒奈良代表)さんが来社!