「大百済展」など世界遺産PR

  • 2022年12月27日

 韓国・扶余郡は12月6日、東京・新宿で2022年度訪日観光広報事業として扶余郡観光説明会を開いた=写真。23年9月23日から10月9日まで開催するイベント「大百済展」などをPR。10月11日から韓国へのビザなし渡航が再開されるなど、海外旅行の需要拡大を契機に世界遺産の町への誘客を図る。

 扶余郡は、忠清南道の南部に位置し、西暦538~660年に存在していた国「百済」の首都があった地。2015年には「百済歴史遺産地区」が世界遺産登録され、当時を感じられる観光地として、扶余・官北里遺跡や扶蘇山城、定林寺址、扶余王陵園、扶余羅城などがある。

 代表観光地としては、百済の庭園造園美が楽しめる「宮南池」や、百済王宮を再現した「百済文化団地」、忠清南道の文化などを学べる「国立扶余博物館」、白馬江を望める「天政台百済堰」、韓国初の百済歴史SBSドラマ「薯童謡」のロケ地である「薯童謡テーマパーク」、文化財が豊富で紅葉も美しい「万寿山無量寺」などがある。

 朴東淳観光振興チーム長は「歴史やスポーツなど、体験できることは多々ある。早期に10万人以上の日本人観光客を呼び戻したい」と話した。参加者を代表し、読売旅行の松江雅彦ゼネラルマネージャー(海外旅行担当)は、「簡潔で使いやすいインセンティブを用意してほしい」と求めた。扶余郡の鄭俊秀文化祝祭チーム長は「できる限り要望に応えていく。ソウルと釜山の通過点ではない。ウナギや韓牛など、韓国ならではのグルメも味わってもらいたい」と来訪を呼び掛けた。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram