「大学生観光まちづくりコンテスト」、参加大学生チームを募集開始

  • 2018年5月14日

 大学生観光まちづくりコンテスト運営協議会(実行委員長=長田進・慶應義塾大学経済学部教授、事務局=JTB総合研究所、三菱総合研究所)は4月26日、「大学生観光まちづくりコンテスト2018」に参加する大学生チームの募集を開始した。

 参加チームは、「茨城」「北陸」「多摩川」「長崎国境利用」の4ステージから選択し、それぞれの対象地域に関するテーマに基づいた観光まちづくりプランを約2カ月かけて作成する。コンテストは今年で8回目。

 テーマは、茨城ステージ(茨城県全域)が「魅力度最下位脱出に向けた観光まちづくり」、北陸ステージ(富山、石川、福井)が「北陸の文化振興を促す観光まちづくり」「北陸ならではの資源を活かした観光まちづくり」、多摩川ステージ(多摩川沿川自治体)が「多摩川の資源を活かした観光まちづくり」、長崎県国境離島ステージ(対馬市、壱岐市、五島市、小値賀町、新上五島町)が「『しま』ならではの観光まちづくり」「島がうるおう観光まちづくり」。

 各ステージで、観光庁長官賞受賞1チーム、優秀賞2チーム、審査員特別賞を選ぶ。優秀なプランについては、JTBグループや自治体、地域企業などが商品化やプロジェクト化を検討する。

 実際に地域を訪れてフィールドワークを行い、地域の経済や雇用に貢献できるプランを作成する必要があることから、学生や教職員にとって実践的な教育の場となる。

 参加は無料。コンテストのホームページから6月14日までにエントリーする。

関連する記事

史跡・生野銀山の「超スーパー地下アイドル」GINZAN BOYZは8日、2ndシングルを発表した。 史跡・生野銀山の「超スーパー地下アイドル」GINZAN BOYZ(ギン…

続きを読む

⼤⼭⼭麓観光推進協議会では、鳥取・大山パワースポット巡りスタンプラリー「大山さんに願いを」を実施している。 Webサイトやアプリの企画制作を⾏う有限会社ジャプロが自社開発…

続きを読む

京都市は10月1日から「宿泊税」を導入するが、周知に向けポスターやチラシ=写真=を製作した。市内全宿泊施設や公共施設などに掲示し、徹底を図る。 ポスターは8千枚、チラシ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

温泉エッセイスト 山崎まゆみさんが来社!