「地方創生EXPO」など、3万5千人が来場

  • 2020年2月22日

大勢の来場者でにぎわった地方創生EXPO

 リード エグジビション ジャパン(東京都新宿区)が主催する「地方創生EXPO」が5~7日、千葉市の幕張メッセで開かれた。地域活性化につながるPR、観光振興、インバウンド支援など、地方創生に関するあらゆる製品やサービスが紹介された。

 同イベントは今回で3回目。新たに「スマートシティ推進エリア」が設けられるなど、年々充実している。6日には前内閣府特命担当相の片山さつき参院議員が「日本が目指すべき地方創生とスーパーシティ構想」と題し、基調講演した。

 特別講演も数多く開催され、6日行われた兵庫県豊岡市の中貝宗治市長の講演は立ち見も出る盛況ぶり。

 市長は市のインバウンド戦略を紹介。「グローバル化の進展で小さな町でも直接世界と結びつくことが可能になっている」と指摘、インバウンド誘致がしやすくなっているとの認識を示した。その上で、(1)インバウンドの促進(2)環境都市「豊岡バレー」の創造(3)「深さをもった演劇のまち」の創造―をエンジンに「小さな世界都市」の実現を掲げている。

 城崎温泉の昨年の外国人宿泊者数は5万783人。18年は前年割れとなったものの、15年の3万1442人から大きく増えている。欧米豪をメインに誘客に努めているという。

 また、来年4月をめどに「国際観光芸術専門職大学」(仮称)を設立する計画で、「演劇のまち」実現に大きな一歩となりそうだ。学長は劇作家の平田オリザ氏が候補に挙がっている。芸術文化観光学部、芸術文化観光学科を設け、入学定員は80人を見込んでいる。

 同時開催された「イベント総合EXPO」「ライブ・エンターテイメントEXPO」「スポーツビジネス産業展」と合わせ、560社ほどが出展、3日間の来場者数は3万5467人となり、昨年に比べ9595人増えたという。


大勢の来場者でにぎわった地方創生EXPO

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram