「地域限定型で早期開始を」 観光7団体、GoToキャンペーンで要望

  • 2020年6月8日

 日本観光振興協会(日観振)など観光関係7団体は5月22日、新型コロナウイルスによる観光産業の厳しい経営環境を踏まえ、国の経済対策として約1.4兆円をかけて実施される国内旅行の需要喚起事業「Go To Travelキャンペーン」を早期に開始するよう求める緊急要望書を政府に連名で提出した。県境を越えた移動を伴わない「地域限定型」のキャンペーンからスタートし、対象エリアを順次拡大するなどの実施方法を提言した。

 緊急要望に参加した団体は日観振のほか、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会、日本ホテル協会、日本旅館協会、全日本シティホテル連盟、日本旅行業協会、全国旅行業協会。提出先は梶山弘志経済産業相、赤羽一嘉国土交通相、田端浩観光庁長官。

 キャンペーンを地域限定型から開始する狙いについて、緊急要望書では「感染状況と経済活動のバランスには地域差があり、感染防止と観光の経済活動との両立を図っていくには、地域内で完結する需要を作る振興策が重要となる。住民が自らの地域を知り、誇りを持つことは、日本の観光を強くすることにもなる」と指摘している。

 政府のGo To Travelキャンペーンは国内旅行の費用を補助する事業で、2020年度第1次補正予算で実施される。新型コロナウイルスの収束状況を踏まえ、7月下旬にも開始される方向だが、赤羽国交相は、地域や産業界から早期実施の期待が大きいとして、準備が整い次第、速やかに開始したい意向も示している。

 Go Toキャンペーン事業には、観光分野のGo To Travelだけでなく、外食需要を喚起する「Go To Eat」、エンターテインメントなどのチケット代を割り引く「Go To Event」や商店街向けの「Go To商店街」がある。予算全体はTravel向けの1兆3500億円を含めて総額1兆6794億円で、経産省に一括計上されている。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram