「全国旅行支援」は当面12月下旬まで 国交相発表

  • 2022年9月26日

斉藤国交相(26日午前の会見)

 斉藤鉄夫国土交通相は26日午前の会見で、国の観光需要喚起策「全国旅行支援」について概要を発表した。割引が適用されるのは10月11日から。事業主体は都道府県で、準備が整った都道府県から予約、販売を開始する。当面の事業期間は12月下旬までとし、それ以降の支援については、旅行需要の動向などを踏まえて改めて判断する。現在実施中の「県民割(地域ブロック割)」は10月10日宿泊分まで延長する。

 全国旅行支援の開始については、岸田文雄首相が訪米中の22日に記者会見で表明した。表明の際には「全国旅行割」と呼称したが、同時に実施を表明した「イベント割」と表現を合わせたとみられ、事業名としては、引き続き「全国旅行支援」を使う。

 都道府県は全国から誘客することが可能で、割引率や割引上限額などは、観光庁が6月17日に発表した内容から変更はない。具体的には、割引率が40%、1泊当たりの割引上限額が交通付き旅行商品で8千円、宿泊だけなどが5千円。旅行先の土産物店などで使えるクーポンの付与額は、平日が3千円、休日が千円。

 観光庁によると、利用者の要件は、「県民割(地域ブロック割)」と同様に、ワクチン3回目接種歴、検査の陰性証明とする。また、予約・申し込み済みの旅行への割引適用を可能とする方針だが、手続きなどは都道府県ごとの対応となる。

 全国旅行支援の開始について斉藤国交相は「交通機関を使った遠距離の旅行、平日の旅行などを楽しんでもらいたい」「(コロナ禍で)苦しんでいる観光・交通関係事業者の支援につながるよう全力を挙げて取り組みたい」と述べた。

斉藤国交相(26日午前の会見)

 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram