「ストーリーが重要」 クラツーのガイド養成セミナーの79人参加

  • 2022年11月15日

 クラブツーリズム地域共創事業部は10月26日、オンライン特別セミナー「『稼げるガイド養成』で価値ある地域資源をアピール」を開いた。講師は同社テーマ旅行部顧問でクラブツーリズム講師会を率いる黒田尚嗣氏で、地方自治体や観光関連事業者79人が参加。ストーリーを語れるガイドの重要性を示すなど、地域ガイド人材養成における考え方、課題解決手法を説いた。

 セミナーの冒頭、樋山智彦部長が「今後、ストーリーを伝えられるガイドが求められる。地域資源を生かし、経済波及効果につながるガイドの育成は、地域を活性化する上で不可欠だ」とあいさつした。

 セミナーでは、黒田氏が地域のガイドを、地域の観光資源を案内するガイド((1)個人商品少人数向け、(2)グループツアー向け)を「点のガイド」、地域の観光資源をストーリーとして語れるガイドを「面のガイド」と表し、今後は面のガイドの必要性を説明。黒田氏は、ガイドの価値について、「誰もがインターネットで情報を獲得できる検索万能時代ではあるが、知らない言葉は検索できない。現状は、稼ぐことに対する罪悪感、抵抗感があるかもしれないが、地域のストーリーを語ることは、十分な対価を払うに値する」と述べた。また、地域ガイドの養成には、コンテンツ開発と相乗効果を促す仕組みづくりが必要と説いた。

 稼げるガイド養成に必要なことについては、(1)マインドセットを持つ自立した人材であること(2)未来を語れる能力を養う(3)集団力学の理解を深めること―を挙げた。

 このほか、未来を語れるの力を養うための手法などを紹介した。

 セミナー後のアンケートでは、「地域ガイドは無形資産。インスパイアガイドへの取り組みを実践する」「ガイド実践の場の確保、ガイドの登録、管理制度の構築を行う」などの声が寄せられた。また、約半数が地域ガイド人材養成の取り組みを進めていると答えた。

 同部への問い合わせは、TEL03(5323)6965、メールchiiki.kyousou@club-t.com

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram