「コロナ融資後倒産」210件 月20件台、ペースが加速

  • 2022年3月21日

 帝国データバンクによると、政府系や民間金融機関による無利子・無担保融資を受けた企業の倒産(コロナ融資後倒産)は今年2月までに210件判明した。当初は少数で推移していたが、コロナ禍から1年が経過した2021年2月以降は発生ペースが加速。同年後半は月間平均20件台と、ペースはさらに加速している。

 20年7月の2件を皮切りに、当初は月間2件前後のペースで推移。しかし、21年2月以降は10件を上回るペースで推移し、同年8月に累計100件を突破。10月は月間で初めて20件を突破した。累計100件から200件までの到達期間も6カ月と、ペースがさらに加速している。

 「度重なる緊急事態宣言などの人流抑制、景況感の低迷などで業績不振が長期化し、コロナ融資を運転資金などで既に使い切った企業は多い。こうした中、据え置き期間が終了し、返済が始まるものの返済原資に乏しく、金融機関から追加の融資を受けることもできず、最終的に資金繰りに行き詰まり、事業継続を諦める中小企業の破綻が目立ち始めている」(同社)。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram