「アルベルゴディフーゾ」5地区が事例報告 JALF第6回日本宿泊ダボス会議

  • 2022年2月21日

岡山県矢掛町の事例報告

 宿泊施設活性化機構(JALF)主催の第6回「日本宿泊ダボス会議」が15日、東京の衆議院第1議員会館で開かれ、「分散型ホテルとアルベルゴディフーゾ」をテーマに岡山県矢掛町など5地区の代表がそれぞれの取り組み事例を全国の自治体、DMO関係者らに伝えた。

 アルベルゴディフーゾ(AD)は、「村全体をホテルに見立てて持続可能なまちづくりをする」仕組み。イタリアで提唱され、日本では一般社団法人「アルベルゴ・ディフーゾ・ジャパン」(ADJ)がその普及に努めている。

 矢掛町は同取り組みをかねて進め、2018年にイタリアのAD協会から日本初の「アルベルゴ・ディフーゾ・タウン」に認定された。

 旧山陽道の宿場町で、街道沿いに残っていた築200年以上の古民家群を宿に再生した。同町が「観光元年」とする2014年に20万人台だった年間観光客数はコロナ禍前の19年に30万人台に増加するなど、町のにぎわい創出に実績を上げている。

 会議では島根県江津市有福温泉、広島県庄原市、富山県南砺市井波の各事例も報告。若宮健嗣・内閣府特命担当相(デジタル田園都市国家構想担当)は「地方活性化に資する取り組みへ、できる限りの支援を行う」と関係者を激励した。


岡山県矢掛町の事例報告

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram