【道標 経営のヒント95】スマホの弊害 宮坂 登

  • 2017年5月15日

 この数カ月、全国数多くの旅館・ホテルのウェブサイトを眺め、業務の参考にしていた。その宿の「強み」や「売り」は何か。そんな観点から眺めていて、あることに気づいた。サイトのマルチデバイス対応が進んで、パッと見、では宿の伝えたいことが分かりづらくなっていることである。

 日本中どこにいってもどんな場面でも、片手にスマートフォン(スマホ)を握っている人ばかりだ。当然、宿のサイトもスマホ対応を余儀なくされている。スマホからの予約が増えているというから、宿のサイトのスマホ対応が遅れれば遅れるほど損失は大きいと思う。

 解消法は、一つのコンテンツデータを、アクセスされた「デバイスの画面幅」に合わせたデザインに出し分けるレスポンシブル・ウェブ・デザインの採用によるリニューアルである。

 しかしながら、縦スクロールを中心とした見え方なので、採用している宿のどのサイトを見ても同じフォーマットである。違いは写真とテキストが変わるだけ。先述した、宿の伝えたいことが分かりづらくなっている、という理由がそのデザインにある気がしてならない。印象に残らない。スマホなどデバイスの利便性の向上に伴って、宿の個性の打ち出し方が一段と難しくなっている気がする。

 例えば、さまざまなホテルサイトをスマホで見るとどれもこれも先進的なハイイメージ訴求が共通項で、個々のホテルが何を伝えたいのかが分かりづらい。

 旅館・ホテル関連の営業職についている友人は「レスポンシブル・ウェブ・デザインなんてひな形がひとつじゃないか。だったらサイトリニューアルにそんなに予算をかける必要はないのではないか」とも言う。

 ネットエージェントサイトを通じた集客に寄りかかった営業をしている宿ならばそれでいいのではないだろうか、とも思うが、本筋は異なるような気もする。

 多少の予算と知識が必要だが、サイトをマルチデバイス対応にするなら「CMS(コンテンツ・マネジメント・サービス)」を導入するべきだと思う。サイトを一元管理しながら、デバイスごとにコンテンツを出し分けることができ、サイトの基盤として使えばマーケティング的な相乗効果を得られ、戦略的な最適化をマルチデバイスで行うことができる。

 コンテンツデータを一元管理しながら、デバイス別のデザイン・レイアウトでの情報発信できるから、画面幅にばかり比重を置かない表現展開が可能になる。あちこちで提案しているが、予算の問題なのか、今のところいい返事は得られない。なぜだろうか。

関連する記事

訪日外国人を集客するためのソーシャルメディア活用 最近、日本おいてソーシャルメディア発で人気の観光スポットになる事例が多く生まれている。例えば、山口県角島はベストセラー…

続きを読む

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催が決定して以来、あちこちの自治体から私に陳情あり。2019年のラグビーW杯についての陳情もある。おしなべて金太郎飴のような…

続きを読む

前回に引き続き、円滑に開発リニューアル融資を得るコツについて紹介しよう。国内の旅館・ホテルマーケットも、成熟化の兆候が見え始めてきており、金融機関も新たな貸し出しに対して…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?