JTBと日産、宿泊施設でのEV活用

  • 2017年4月19日

 JTBコーポレートセールスは、日産自動車と日産カーレンタルソリューションと共同で、電気自動車(EV)「e―NV200」を活用した宿泊施設でのカーシェアリング「ゼロエミッション・ツーリズム」を4月から開始した。宿泊客による観光スポットなどへの移動や宿泊施設の送迎などの業務で、走行中にCO2を全く排出しないEVを活用する取り組み。

 昨年7月から神奈川県箱根町にある4軒の旅館と共同で先行して取り組みを行った結果、観光地でEVを活用する有効性が検証されたことから、全国展開に踏み切った。栃木県や鳥取県など17県の宿泊施設でゼロエミッション・ツーリズムを導入する。

 活用するEVは、多目的商用バン「NV200バネット」をベースに、した、室内の広さや多用途性とEVならではの滑らかな加速性や静粛性を兼ね備えたモデル。バンだけでなく5人乗り、7人乗りのワゴンタイプも設定している。

 JTBコーポレートセールスでは「観光地でのEVの積極利用は、地域の観光資源の保全と旅行の楽しさを両立し、観光地の持続可能性を高め地域活性化にも寄与する」と話す。

関連する記事

レリエンスメディケアは「接着剤のいらない温泉専用装着型人工乳房」を全国販売する。 自社で開発した装着型人工乳房で乳がん経験者のQOL向上の手助けをしている株式会社レリエ…

続きを読む

企業の競争が激しくなり、消費社会が高度化した現代では、サービスや商品の品質、コストだけで差別化することは難しい。顧客満足度は、消費者がどのサービスや商品を選ぶかを決める際…

続きを読む

亀屋万年堂は、東急線キャラクター「のるるん」オリジナルパッケージの「ナボナ」を発売する。 当社は9月21日(木)から、株式会社亀屋万年堂(以下、亀屋万年堂)とともに、東…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

アクセスランキング

まだデータがありません。

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?