4月の外国人延べ宿泊者数が過去最高―観光庁統計

  • 2017年7月13日

 観光庁が6月30日に発表した宿泊旅行統計調査の結果、今年4月の宿泊施設の延べ宿泊者数(2次速報値)は前年同月比3.5%増の3968万人泊だった。26都道府県が前年同月の実績を上回った。全体のうち日本人の延べ宿泊者数が0.8%増の3182万人泊で、前年同月の実績に対し2カ月連続のプラス。外国人の延べ宿泊者数は16.0%増の786万人泊で4月として過去最高だった。延べ宿泊者数全体に占める外国人の割合は19.8%に達した。(下段に表)

 日本人、外国人を合わせた延べ宿泊者数の上位の都道府県は、東京都が5.6%増の530万人泊、大阪府が10.7%増の283万人泊、北海道が4.9%増の206万人泊、千葉県が4.8%増の187万人泊、京都府が10.0%増の172万人泊など。

 地方別では、九州が昨年の熊本地震からの反動増などで18.8%増の450万人泊で、7県すべてでプラスを記録。一方で東北は2.9%減の292万人泊で、青森、山形以外の4県がマイナスだった。中部(福井、岐阜、静岡、愛知、三重の5県)は4.1%減の440万人泊で、愛知県以外はマイナスだった。

 外国人の延べ宿泊者数に限ると、前年同月の実績を上回ったのは36都道府県。三大都市圏(東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、京都、兵庫の8都府県)が15.2%増、地方部(三大都市圏以外)が17.2%増だった。

 外国人延べ宿泊者数の上位の都道府県は、東京都が13.7%増の209万人泊、大阪府が25.9%増の119万人泊、京都府が29.8%増の69万人泊、北海道が17.0%増の39万人泊、沖縄県が33.3%増の37万人泊などとなった。

 国.地域別では、中国が15.6%減の129万人泊、台湾が7.6%増の112万人泊、韓国が56.8%増の87万人泊、香港が47.3%増の59万人泊、米国が29.6%増の59万人泊など。

客室稼働率は 59.9%に上昇
 宿泊施設の4月の客室稼働率(2次速報値)は、前年同月比1.7ポイント増の59.9%となった。

 施設タイプ別では、シティホテルが1.5ポイント増の81.3%、ビジネスホテルが1.2ポイント増の75.4%、リゾートホテルが1.0ポイント増の53.4%、旅館が2.1ポイント増の35.0%(従業者数10人以上の旅館は0.8ポイント増の51.5%)、簡易宿所が2.2ポイント増の24.8%。

 客室稼働率が高い都道府県は、(1)大阪府87.2%(2)東京都85.4%(3)京都府74.5%(4)愛知県74.2%(5)福岡県72.9%―など。シティホテルは、大阪府で92.8%、京都府で91.0%に達した。

 旅館の客室稼働率が高い都道府県別は、(1)東京都61.6%(2)大阪府61.5%(3)香川県51.7%(4)石川県48.9%(5)滋賀県48.4%―などだった。


関連する記事

伝統文化などを通じて日韓の交流を深めるイベント「日韓交流おまつり2017inTokyo」が23、24日、東京都千代田区の日比谷公園で開催される。観光情報の発信や日韓交…

続きを読む

ジャパンショッピングツーリズム協会は、インバウンド客の「おみやげ農畜産物検疫受検円滑化」に向けた取組を実施する。 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会(本部:…

続きを読む

日本政府観光局(JNTO)は11日、インバウンド旅行振興フォーラムを東京都内のホテルで開催した。海外事務所の所長らが現地情報を交えて最新の市場動向を報告した。 政府の重…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?