訪日客の免税で、一般物品と消耗品の合算を要望~観光庁

  • 2017年9月10日

 観光庁は、2018年度の税制改正に向けて、訪日外国人旅行者を対象とした消費税免税制度の拡充を要望した。免税の対象となる販売の下限金額の判定に関して、「一般物品」と「消耗品」の合算を認めるように求めた。合算を認めることで外国人旅行者の買い増しにつなげ、消費額の拡大を目指す。

 現行で免税が適用されるのは、一般物品で販売金額5千円以上、消耗品で販売金額5千円以上~50万円以下となっている。合算はできず、それぞれで金額の要件を満たす必要がある。消耗品は、日本滞在中に使用しないことが条件で、指定の特殊包装が義務付けられている。

 税制改正では現行の規定に追加し、一般物品と消耗品の販売金額の合算が5千円以上~50万円以下の場合でも免税の対象とするように要望した。ただし、消耗品が含まれるため、特殊包装を義務付ける。

 観光庁によると、一般物品と消耗品に関して、訪日外国人旅行者の間に「区分が分からない」「区分があることを知らなかった」などの不満がある。免税店からも「合算が認められれば、買い増しが期待できる」との改善を求める声が挙がっている。

 政府は、訪日外国人の旅行消費額を現状(16年)の約3兆7千億円から、20年までに8兆円に増やす目標を掲げている。観光庁では、消費の促進や地方の免税店数の拡大につながる施策を強化したい考えだ。

関連する記事

農林水産省はこのほど、料理人顕彰制度「料理マスターズ」のシルバー賞とブロンズ賞の受賞者を発表した。第8回となる今回は、ホテルの料理人ら13人が受賞した。授与式は7日、東京…

続きを読む

国立公園を世界水準の「ナショナルパーク」にし、多くの人に訪れてもらえるよう「国立公園満喫プロジェクト」に取り組んでいる環境省は12月4日、訪日外国人旅行者の拡大や利用の質…

続きを読む

観光庁が設置した有識者会議「次世代の観光立国実現に向けた観光財源のあり方検討会」(座長・山内弘隆一橋大学大学院商学研究科教授)は9日、観光施策の新たな財源の創出に向け、日…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?