日本秘湯をまもる会が総会、佐藤名誉会長の続投決める

  • 2017年1月11日

(前列左から)鶴田社長、佐藤名誉会長、星新会長、(後列)佐藤和志会長

(前列左から)鶴田社長、佐藤名誉会長、星新会長、(後列)佐藤和志会長

 日本秘湯を守る会(佐藤好億名誉会長)は12月20日、静岡・熱海温泉の大観荘で2016年度通常総会を行った。役員の改選を行い、代表理事には続投の佐藤名誉会長(福島県・大丸あすなろ荘)と、新会長の星雅彦氏(新潟県・自在館)が選出された。スタンプ帳事業で無料招待客の土、休日前受け入れなども決まった。総会には191社員から87人が出席。るるぶと連携協定が近日中に締結されることなども発表された。

 同会は15年度から2人の代表理事を設置している。佐藤名誉会長は地熱発電開発問題をはじめとする官公庁との折衝などの対外的な業務を担当し、星新会長は若手経営者のけん引役として対内的な業務を担う。常務理事・副会長に遠藤哲也氏(山形県・桝形屋)、理事・副会長に百瀬孝仁氏(長野県・中房温泉)、後藤英男氏(長野県・高峰温泉)、坂本譲氏(埼玉県・かやの家)、檜澤京太氏(福島県・ゆもとや)が選出された。

 佐藤名誉会長は地熱開発問題に対して「みなさんの思い、理念で環境政策を変えることができる。原生林、広葉樹林を残し自然の循環を守ることに命をかけなくてはいけない」と強調。温泉管理報告を徹底し、将来起こりうる事態に対処できるデータ収集の大切さを訴えた。「地域のリーダー、地域の文化財の宿として地域、地方を守ってほしい。地域にとってかけがえのない生き方をして、日本のすべての政策に影響を与えるような人づくりを担ってほしい」と呼びかけた。

 総会には来賓として、鶴田隆志朝日旅行社長が出席。鶴田社長はあいさつの中で、「旅行商品をテーマに特化したものに変えていく。同会のブランド力を守りながら国内旅行の核として共存共栄していく」と、今後の方向性を示した。

(前列左から)鶴田社長、佐藤名誉会長、星新会長、(後列)佐藤和志会長

関連する記事

鷲羽山下電ホテル(岡山県倉敷市)を運営する下電ホテル(永山久徳社長)は、関連会社の下津井電鉄がかつて営業していた鉄道の現存車両をホテルの敷地内に移設するプロジェクトを行う…

続きを読む

トリップアドバイザーはこのほど、「外国人に人気の日本のホテルと旅館2016」を発表した。昨年に引き続き、料理旅館白梅(京都市)とコンラッド東京(東京都港区)が旅館部門とホ…

続きを読む

旅館業界の2016年は民泊問題に振り回された1年だった。政府の規制緩和やインバウンド促進の動きに合わせて民泊を本格的に解禁しようという動きが活発化。新法の制定に向けた議論…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

旅館業経営者向けセミナー2月20日@東京

  • 【観光へき地・外国人観光客ゼロ】&【劣化施設】&【人材不足】でも旅館を繁盛させる法大公開

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?