北海道新幹線が間もなく開業1年、さまざまな記念イベント予定

  • 2017年3月13日

青函トンネルを抜けて走る北海道新幹線

 北海道新幹線が3月26日に開業1周年を迎える。北海道では1周年を祝うとともに、新幹線の集客効果を定着させようと、2年目に向け、函館北斗駅や函館駅前などでさまざまな記念イベントを実施する。北海道や地元の市町村、関係団体などで構成する記念事業実行委員会が主催する。

 26日には、函館北斗駅で記念セレモニーと東京発の1番列車「はやぶさ1号」の出迎えを行う。函館駅前の広場でも、道南いさりび鉄道の1周年と併せた記念のステージイベントや観光をPRするイベントなどが行われる。

 25、26の両日には、道南いさりび鉄道の「貸切列車試乗会」、函館北斗駅観光交流センター別館での物産展が開かれる。JR北海道や地元の市町によるイベントやセミナーも各地で行われる。

 北海道観光振興機構では、開業1周年に合わせて関係市町と連携して、2月の青森、盛岡に続き、3月には仙台、大宮のJR駅構内で観光プロモーションを実施し、北海道新幹線と道内各地の観光をPRする。

 北海道新幹線の1月末現在の利用者数は、在来線時代の1・7倍の約210万人となっており、道南地域を中心に国内外からの観光客が大幅に増加している。函館市では、2016年度上半期(4~9月)の観光客推計数が前年同期比14・1%増の約367万人。下半期が前年並みで推移した場合でも、通年では過去最高の540万人台に達する勢いだ。

 北海道や北海道観光振興機構では、開業2年目に向けて各市町村と連携し、首都圏や関西圏の旅行会社へのツアー造成、東北各地への教育旅行誘致の働きかけなど、さまざまな宣伝活動を切れ目なく展開していくことにしている。

観光客でにぎわう函館朝市観光客でにぎわう函館朝市

青函トンネルを抜けて走る北海道新幹線

関連する記事

群馬県中之条町は、7月28日から8月13日の期間限定で、東京・吉祥寺にコラボカフェを開く。 9月9日から開催する「中之条ビエンナーレ2017」を控え、注目が集まる群馬県…

続きを読む

JR西日本子会社の嵯峨野観光鉄道は、夏休み限定で「トロッコ納涼列車」を運行する。 嵯峨野観光鉄道株式会社(本社:京都市右京区、代表取締役社長:西田哲郎)は、2017年7…

続きを読む

水俣市、ガイドブック「水俣堂々」を希望者100人に進呈する 熊本県水俣市は、水俣の風土を紹介したガイドブック「水俣堂々」を発行し、その記念として抽選でこのガイドブックを…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?