マンション標準管理規約改正、民泊の可否に規定例~国交省

  • 2017年9月12日

 国土交通省は8月29日、民泊新法(住宅宿泊事業法)の成立を踏まえ、「マンション標準管理規約」を改正した。分譲マンションの管理組合が、民泊(住宅宿泊事業)の実施を認める場合、禁止する場合、双方の規定例をひな型として提示。新法の施行をにらみ、管理組合が規約を改正する際の参考にしてもらう。

 民泊実施の可否以外にも、民泊の実施にあたって管理組合への届け出を求める場合や、家主居住型の民泊だけを可能とする場合などの規定例も示している。

 標準管理規約の改正に際して行われたパブリックコメント(意見募集)には、「管理組合によっては、住宅宿泊事業法の施行に管理規約の改正が間に合わないケースが発生することが想定される」との意見が寄せられた。

 この意見に対して国交省は、「管理規約の改正までには一定の期間を要することから、管理規約上に民泊を禁止するか否かが明確に規定されていなくても、管理組合の総会・理事会決議を含め、管理組合として民泊を禁止する方針が決定されていないことを(民泊の)届け出の際、確認する予定」との見解を示している。

関連する記事

農林水産省はこのほど、料理人顕彰制度「料理マスターズ」のシルバー賞とブロンズ賞の受賞者を発表した。第8回となる今回は、ホテルの料理人ら13人が受賞した。授与式は7日、東京…

続きを読む

国立公園を世界水準の「ナショナルパーク」にし、多くの人に訪れてもらえるよう「国立公園満喫プロジェクト」に取り組んでいる環境省は12月4日、訪日外国人旅行者の拡大や利用の質…

続きを読む

観光庁が設置した有識者会議「次世代の観光立国実現に向けた観光財源のあり方検討会」(座長・山内弘隆一橋大学大学院商学研究科教授)は9日、観光施策の新たな財源の創出に向け、日…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?