【WEBマーケティング インターネット徹底集客177】2017年夏の振り返り 内藤英賢

  • 2017年9月13日

 2017年夏が終わったので、今号では夏前に立てた予想と照らし合わせて振り返りを行いたいと思う。まず当初予想したように、8月11日から15日までを含めた期間が事実上のお盆休みとなり、高需要、高稼働であった。ただし、弱含みの可能性を示唆した8月15日が想定以上に低調であった地域が多かった。特に都心部では、そもそもビジネス需要も減少することから苦戦を強いられた。来年も同様の傾向が想定されるので、8月11~15日期間の売り方には今から留意しておきたい。

 続いて、第2の注目点として挙げた8月16日(水)~19日(土)の期間であるが、こちらも想定どおり高需要となった。やはり、お盆期間よりは値ごろ感があったのか予約状況は好調であった。全国的に見ても8月11日から20日までは満室続きという施設が多かったように見受けられる。18年は8月16日が木曜日、17日が金曜日に当たることから、土曜日の18日までを含めて連休となりやすい日程となり、一層の高需要が想定される。

 そして、注意ポイントとして挙げた夏休み前半であるが、こちらは想定以上に苦戦を強いられた施設が多かった。台風の影響も少なからずあったものの、その影響を差し引いても低調な印象であった。特に8月6日(日)~9日(水)は価格を下げたり、特別プランを販売したりと、対策に追われた。一例を挙げると、海辺の施設はこれまでは前半の方が良かったものの、やはり潮目が変わっており、お盆明けの方が高需要であった地域の方が多かった。

 判断が難しいのが、8月21日(月)~26日(土)の後半である。低需要想定で対策を講じていたところが多かったが、蓋を開けてみたら意外と高稼働の地域、施設もあり、ここは地域ごと施設ごとで判断が分かれる期間となりそうである。いずれにせよ流動的な需要の予測を注意深く見つめて、対策を講じていくことが大事である。当初立てた仮説に対して、すぐに軌道修正をかけ、タイムリーな打ち手ができるのがWEBの大きな利点であるので、来年も仮説を立てて対策を講じつつも、柔軟に対応していくことを心掛けたい。

 (アビリティコンサルタント・プライムコンセプト取締役 内藤英賢)

関連する記事

旅館・ホテルの黒字化を図るにあたって、最も苦労するのが中規模(40~80室)である。立地に恵まれていたり、社長や女将、番頭役が卓越した商才を持っていたりすれば高収益化も不…

続きを読む

今回は、日本版DMOにおける合意形成について述べたい。観光庁の登録要件の第1番目に書いてあるように、DMOの最も重要な役割は観光地域づくりを行うことについて、多様な関係者…

続きを読む

11月6日に観光庁・宿泊業の生産性向上推進事業のつづきとして国際観光施設協会と日本旅館協会の共催で、観光庁の後援を受けて表題のシンポジウムを大手町で開催した。120名ほど…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?