【逆境をチャンスにー旅館の再生プラン388】成熟化時代の開発リニューアル戦略1

  • 2017年8月11日

 リーマン・ショックや東日本大震災の影響による落ち込みを乗り越えて順調に回復してきた国内の旅館・ホテルマーケットも、成熟化の兆候が見え始めてきた。成長の余地を残している地域は多いが、全国的にみると延べ宿泊者数、稼働率とも伸び率が鈍化しているのが実情だ。

 金融機関も旅館・ホテルのマーケット動向を注視している。これまで担保がしっかりしていれば、開発やリニューアル費用の全てを融資してくれたが(フルローン)、最近ではメイン行から融資を断られるケースも増えてきた。

 今回コラムでは、マーケット状況が不透明感を増す中で、円滑に開発リニューアル融資を得るコツについて紹介しよう。

 1、ストーリー性のある事業計画を提出する

 融資申し込み時に提出する資料が、平面図と大まかな収支計画だけになっていないだろうか。金融機関の担当者が旅館・ホテル業に精通していれば、少ない資料でも稟議書を作成してくれるが、そうでない場合は資料提出の段階で不利になる。社内稟議で必要と思われる情報はあらかじめ事業計画書に盛り込んで提出することが望ましい。

 主な内容は、基本計画やコンセプト、宿泊単価や稼働率の算定根拠、原価・経費の算定根拠、収支計画、返済計画、マーケット環境、競合環境、自社の強み(これまでの実績と今後どのように差別化するか整理したもの)などである。

 単に情報をまとめるだけでなく、自館がいかに成功し問題なく返済できるかストーリー性のある計画書を作りたい。社内で作るのが難しければ専門家に手伝ってもらうとよいだろう。

 2、新しい業態について理解してもらう

 ゲストハウスやキャビン型ホテルなど、従来の旅館・ホテルの業態とは異なる施設を開発する場合には、事業計画だけでなく、マーケット環境や他社事例などの資料を取りまとめて丁寧に金融機関の担当者に説明することが望ましい。知識の乏しい担当者だと、昔ながらの簡易宿所やカプセルホテルをイメージしてしまうことがある。

 特に、担当者がイメージする施設の稼働率が低かったり、歓楽街に立地していたり、老朽化が進んでいたりすると、否定的に受け止められてしまうので注意が必要だ。

(山田ビジネスコンサルティング事業企画部部長)

関連する記事

旅館は時代の需要に応じて変化してきた。鎌倉時代の木賃宿から旅籠へと変化し、江戸時代には今の温泉旅館の原型が生まれた。その後、駅前旅館から戦後に団体観光旅館が発展し今に至る…

続きを読む

20年前ほど前から、ツーリズム産業の関係者らがぼんやりと描き続けてきた旅行の未来像――着地型旅行商品が充実し、宿泊施設のあり方も多様化し、それらをウェブ上で旅行者自らが「…

続きを読む

ここ最近、禁煙部屋を作る(あるいは増室する)という相談が多いので、今号では禁煙・喫煙について一度考えてみたいと思う。ホテルにおいては、今や禁煙・喫煙が部屋ごとで分けられて…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?