【私の視点 観光羅針盤104】イタリアの小さな村 清水慎一

  • 2017年6月18日

 雪国観光圏の井口智裕さんなど志を同じくする仲間たちは、毎年春海外研修旅行に行く。すべて自費だ。昔、由布院温泉の中谷健太郎さんたちが、小さな村の温泉の「未来像」を探るためにヨーロッパ研修旅行に出かけたという前例に倣ったと、聞く。

 雪国観光圏の同志として、5年前から筆者も参加している。もちろん自費で、チロル、サンセバスチャンなどを訪れた。今年はどこにしようかと、幹事の高橋五輪夫さんから相談があったので、かねがね気になっていたイタリアの小さな村を提案した。

 気になっていたというのは、陣内秀信さんの「イタリア 小さなまちの底力」や宗田好史さんの「なぜイタリアの村は美しく元気なのか」などを読んで、元気な村を体感したかったからだ。早速、つてをたどって、ポルティコ・デイ・ロマーニャ村を訪れることにした。

 ボローニャに近いフォルリという駅から車で1時間の、アペニー山脈の山あいにある村だ。カンパニリズモという言葉の通り、教会の鐘の音が届くくらいの狭いエリアで、中世の街並みを残している。脇の川には1312年にできたという石橋が架かっていた。

 住民はわずかに350人。第2次大戦以前は2千人近い住民がいたというから、どこでも人口減少と空き家が悩みだ。そんな故郷に、結婚で戻ってきたマリーザ・ラッジという女性がレストランをオープンしたのが、元気を取り戻した始まりだ、という。

 1985年には古い修道院を改築して、ホテルなどをオープンするとともに、秋の収穫祭をはじめ、フード・フェスタなどイベントを次々に開催した。外国人も来るようになったので「初めてのイタリア語」教室も開設した。全て自力というのがすごい。

 われわれが訪れた時は、イギリス人のヨガの団体やハンティングを楽しむスイス人女性が、村内に点在するホテルに滞在していた。夕ご飯は、レストランに集まり一堂に会して取る。見知らぬ人同士の会話が弾み、村人の歌や踊りが出る楽しいひとときだった。

 ちなみに、点在した空き家をホテルとして活用するやり方は、イタリアの各地で盛んに行われている。「アグリツーリズモ」では宿泊施設に限界があるからだという。こんな村々が連携してアルベルゴ・デイフューゾという協議会も設立された。この村も、2007年に加盟した。

 たった1人の女性とその家族が始めた活動は、今やイベントの度に数千人の観光客が訪れ、宿泊客も1万人近くに達する観光業に成長した。行政に頼らずに、住民自らが来訪者との元気なネットワークを世界に広げる活動は、観光地域づくりそのものだ。

 イタリアの小さな村の元気な暮らしを体感した16人の同志は、雪国における観光地域づくりの「未来像」を改めて再確認した。

(大正大学地域構想研究所教授)

関連する記事

蕎麦(そば)、うどん、中華麺などの多彩なコナモンがある。しかし、頭文字に日本が付くのは蕎麦だけだ。近年、海外で日本蕎麦が淡泊でダイエット効果があると注目。そこで、蕎麦のか…

続きを読む

ニシンとリンゴとウイスキーの町 夏はお盆、祭り、花火、甲子園などふるさと意識が呼び覚まされる季節である。毎年7月上旬、北海ソーラン祭りが催される、かつてニシン漁で栄えた余…

続きを読む

工学的発想でサービスを組み立てると、いかに手間をかけずに生産性を上げていくかに発想が偏りがちになる。「省労力」し「最適化」、あるいは「自動化」することがサービスの向上につ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?