【データ】2020年東京オリンピックに関するアンケート

  • 2017年6月18日

「景気回復」に期待、懸念は「犯罪・テロ」

食などの日本文化、五輪を通じて伝えたい

 ネットリサーチ事業を展開するクロス・マーケティング(東京都新宿区、五十嵐幹社長)はこのほど、同社実施の「2020年東京オリンピックに関するアンケート(2017年度版)」の結果を発表した。それによると、東京五輪開催に「景気回復・向上」などを期待する一方で、半数近くの人が「犯罪の増加・テロの発生」への不安を抱いていることが分かった。

 調査は5月20、21日に同社のアンケートモニターを対象にインターネット上で実施。全国の20~60代の男女1千人の回答を集めた。

 東京五輪の開催の賛否については、賛成派が53%、反対派が23%だった。具体的な賛成理由としては「日本の魅力を世界に発信できる良い機会」「インフラ整備もされて、観光客も増えて、景気が少しでも良くなりそうだから」などの意見が挙がった。一方、反対派の意見としては「経費の金額があまりに高額すぎるし、国としての協力体制がなっていない」「熊本地震や東日本大震災の復興を最優先するべき」など。

 五輪に向けて購入したい、利用したい商品やサービスについては、「大型テレビ」「4Kテレビ」「ブルーレイ・DVDレコーダー」が上位だった。77・7%が「特にない」と答えた。「観戦ツアー」について地域別に見ると、東京都、中国地方の人の約1割が利用意向ありと回答した一方で、北海道、四国の人は0%だった。
 
 五輪を通じて海外の人に伝えたいこととしては、「日本食などの食文化」が38・9%で最も多く、以下「治安の良さ」が31・8%、「日本のものづくり文化、伝統技術」が31・2%で続いた。

 五輪に期待すること、楽しみにしていることについては、「景気回復・向上」が31・0%で最も多く、以下「レベルの高い競技の観戦」(20・7%)、「海外の人との交流」(17・7%)、「各国の文化に触れる」(16・1%)が票を集めており、五輪をきっかけとした国際交流や異文化理解への関心の高さが伺える。

 一方で五輪開催に伴う不安や懸念については、「犯罪の増加・テロの発生」が45・5%で最も多かったのに続き、「財政への負担」(38・9%)、「道路や交通機関の混雑・混乱」(31・4%)、「五輪終了後の景気悪化」(30・8%)を挙げる人が多かった。


関連キーワード

関連する記事

ザ・リッツ・カールトン京都は、日本文化を堪能できる宿泊者向けアクティビティに新たに3プログラムを追加設定した。 歴史と文化の深く染み込んだ古都・京都の中心地に位置する、…

続きを読む

エボラブルアジアは14日、WeChat Payの日本旅行業界における導入で韓国金融業界の最大手HANA Financial Groupと基本合意したと発表した。 One…

続きを読む

ワメイジングは14日、香港・台湾のインバウンド客向けに、日本でインターネットが無料になる「WAmazing」アプリAndroid版の配布を始めた。 WAmazing株式…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?