にっぽんの温泉100選 | 人気温泉旅館ホテル250選 | 5つ星の宿 | 部門別100選 | 宿のパンフ | ベストセレクション | 宿の必需品 | 観光経済の本

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
  アーカイブ
→ PR
→ 宿の必需品
目次
→ 観光業界人インタビュー
→ このひと
→ いらっしゃいませ!
→ 最新宿泊&施設情報
→ 特集
→ データ
→ 注目トピックス
→ 2016年のニュース
→ 2016年の写真ニュース
→ 2015年のニュース
→ 2015年の写真ニュース
→ 2014年のニュース
→ 2014年の写真ニュース
→ 2013年のニュース
→ 2013年の写真ニュース
→ 2012年のニュース
→ 2012年の写真ニュース
→ 2011年のニュース
→ 2011年の写真ニュース
→ 2010年のニュース
→ 2010年の写真ニュース
→ 2009年のニュース
→ 2009年の写真ニュース
→ 2008年のニュース
→ 2008年の写真ニュース
→ 2007年のニュース
→ 2007年の写真ニュース
→ 2006年のニュース
→ 2005年のニュース
→ 2004年のニュース

いらっしゃいませ!  第2921号≪2017年1月1日(月)発行≫掲載
 
第936回「よその旅館ホテル」

兵庫県・城崎温泉 ときわ別館

原 良式さん

──宿の魅力は。

 「当館のお話の前に、城崎温泉は共存共栄の精神から町全体を“ひとつの旅館”と考えています。当館はその一つのパーツ、一つのピースです。それぞれの旅館は切磋琢磨して、おもてなしを高めていますが、自社の経営だけでなく、住民と一体となったまちづくりを大切にしています」

 「当館については、温泉街からは少し離れた立地で、1200坪の敷地の中央に庭園があり、それを囲むように木造2階建て一部平屋の四つの棟が建っています。客室数は23室です。和の良さを取り入れた趣の異なる客室をそろえています。四季が感じられる庭園に面した客室、露天風呂が付いた客室、檜風呂が付いた離れの客室などがございます」


──客層については。

 「個人客に特化した宿です。松葉ガニのシーズンの冬場は関西圏の方が多いのですが、それ以外のシーズンは関東をはじめ各地からお越しになります。これもまちづくりの成果だと思いますが、日本らしい情緒あふれる温泉地を求めて外国人の方も増えています」


──お風呂は。

 「まちを散策し、7カ所の外湯めぐりを楽しんでいただけるのが城崎温泉の魅力ですが、館内の風呂を8番目と数えて“八湯めぐり”としてくつろいでいただけたらと思います。女性の大浴場には檜の露天風呂、男性の大浴場には岩の露天風呂がございます」


──経営の課題は。

 「『人』に尽きます。安定した経営ができるのも、経営のベースにあるまちづくりについても全て人ありきです。人が集う魅力ある、住みやすい、働きやすい環境づくりこそが永遠の課題だと思っています」


【1泊2食付き1万7280円(消費税込み)から】


週刊 観光経済新聞
観光業界トップメディア
観光に専門特化
観光立国を推進
JAPAN Endless Discovery
個人情報著作権等ご購読広告掲載お問い合わせ

写真、見出し、記事など全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。著作権・著作隣接権は観光経済新聞社に帰属します。
Copyright (c) 1999ー2017 Kankokeizai News Corporation
All Rights Reserved