GWの宿泊旅行、国内・海外とも好調 JTB調べ

  • 2009年4月11日

 JTBがこのほどまとめたゴールデンウイーク(GW、出発日基準4月25日〜5月5日の11日間)の宿泊旅行の動向の見通しによると、国内旅行人数は対前年比2.9%増の2140万人。高速道路料金の値下げ、ガソリン代の安定、定額給付金の支給が好影響をもたらし、経済不況にもかかわらず2年ぶりに増加するという予測。一方、海外旅行人数は燃油サーチャージの大幅値下げ、円高傾向などで10.1%増の50万人と、3年ぶりの増加を見込む。

 今年のGWは5月2〜6日の5日間が一般的だが、平日を休むと5連休から最大16連休までさまざまなパターンが可能。「仕事や家族の都合に合わせて長期の休日を満喫できる」(JTB)。国内旅行は2、3、4日の宿泊が中心となる模様。

 国内旅行は、高速道路料金の値下げが、昨年停滞していたドライブ旅行を活性化。特に土日、祝日の高速道路地方部分のどこまで行っても1千円の割安料金は魅力的だ。ガソリン代が昨年よりも約40円値下がり(3月末日比較)したことも大きい。定額給付金の支給も旅行意欲をかき立て、家族そろっての帰省が増加しそうという。

 首都圏は、今年も行楽客でにぎわう。横浜開港150周年記念イベント「開国博Y150」が始まる横浜、新しいアトラクションがスタートした東京ディズニーリゾートなどがスポットを浴びている。関西は、西宮市にオープンした子供向け仕事体験テーマパーク「キッザニア」、4月からのJRによる神戸キャンペーンの効果で、西宮から姫路にかけての地区に注目が集まりそうだ。

 平均旅行費用は国内が5.6%減の3万6900円、海外が14.9%減の21万6800円とそれぞれ低下する見込み。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram