GoTo再開シナリオ狂う 開始時期は未定 感染収束が前提

  • 2022年3月7日

観光需要喚起策の拡大進まず

 Go Toトラベル事業がスタートできない状態が続いている。岸田文雄首相は衆議院予算委員会の答弁で、「安全、安心の確保を前提に、Go Toトラベル事業などによる観光需要の喚起を図る」との考えを示したが、地域によってはまん延防止等重点措置の延長が見込まれるなど、オミクロン株の感染収束は見通しが立っていない。観光需要喚起策は「県民割」事業支援を含めて段階的に拡大する方針だったが、当初描いていたシナリオ通りには進んでおらず、観光庁の和田浩一長官は「適切な時期が来たら実施できるよう準備している」と説明するにとどめている。

 観光庁が昨年11月19日に発表した「今後の観光需要喚起策」の計画では、同日に「県民割」事業の誘客範囲に隣県の追加を認めた後、年明け以降の適切な時期に「県民割」事業を地域ブロックに拡大、年末年始などの人の動きを踏まえた感染状況を確認した上で全国規模のGo Toトラベル事業を1月下旬にも再開する予定だった。

 Go Toトラベル事業の再開について、和田長官は2月22日の会見で、「感染状況が落ち着いていることが大前提だ。昨年11月に公表した観光需要喚起策の考え方を基本に、適切な時期が来たら実施できるよう準備を進めている。『いつになったら再開するのか』という質問をよくいただくが、関係省庁、専門家の意見を聞きながら検討する」と述べた。

 新たなGo Toトラベル事業は、国を事業主体として開始し、ゴールデンウイーク(GW)前まで実施した後、GW後から夏の繁忙期前までは都道府県を事業主体として実施する計画だ。しかし、国による事業の開始が遅れており、都道府県による事業の開始時期も、その時の感染状況に左右される。

ペイウォール会員向け記事です。

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram